岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

胃カメラ&人間ドック

 ソニーミュージックが契約アーティストに人間ドックを援助してくれるので、今年も人間ドックに行ってきました。ちょっとシャンパンやらワインやら戴きすぎている日々なので、ドキドキしながら山王病院へ。私が出産したのもこの病院ですが、その後、同じ通りの並びにフランスの製薬会社サンドのビルを買収して新しい病院を建てています。
 この病院でいつも関心するのはロビーのグランドピアノ。多分ベーゼンドルファー社のアンペリアルと言う最高の楽器です。身体に問題のある方しか病院に来ないわけですから(もちろんつきそいは別)、ピアノの生演奏やたまにコンサートなんてあると、とっても身体にとって良いのではないでしょうか。なかなか洒落たセンスですね。
 5~6年前から胃の出口付近にポリープが出来てしまい、良性なので経過見となっていました。胃カメラが好きな人はひとりもいないと思うけれど、なんだってあんなに苦しいんでしょう・・・。しかし、この3年くらい経過見をさぼっているし、せっかくの機会なので勇気を出して胃カメラも申し込みました。検便検尿&血液検査、身長体重、肺X-ray&肺機能、婦人科(マンモグラフィー&子宮がん検査)、骨量、視力聴力、心電図とこの胃カメラで半日。あまり待たされることもなくどんどん検査が進みついに胃カメラ。
 まずあんかけみたいなどろどろの麻酔をのどに貯める、これからしてまずいし苦しいし大嫌いなんです。が、もっと苦しいのが待っている。次に麻酔を足して、優しそうな男性の先生(しかもハンサム・・・と言ってもこの状況じゃ関係なし)が手際よくチューブを胃に入れていきます。何度もゲッとなりそうになって、しかも咳が出てしまい苦しい~~~。で、3分くらいたったらちょっと慣れてモニターを見る余裕が出来ました。まあまあ綺麗な色の私の胃の中。しかし、先生の手がとまったとたん、モニターに突起物がはっきりうつっています。ポリープは健在でした。やれやれ、また細胞を採取しなければなりません。ここで、先生が支持したカンシをアシスタントの若い男の子が見つけられずまごまご。1秒でも早く終わってほしいのに~_~;。
 目から涙、口から粘液?でやっと終わり、多分問題ないけれど10ミリもあるのでちゃんと調べますとのこと。こんなに苦しまないで検査できるPET(寝ているだけで全部検査できちゃうMRIみたいなの)の記事を読みましたが、とにかくすごくお高いですね~~~。しばらくは毎年試練だと思って胃カメラ飲みます。諸々の結果は3週間後。f0028323_13121596.jpg
# by yumi-okazaki | 2006-07-04 09:48

お庭の芝生、共演者交代の続きなど

 週末河口湖には雨もかろうじて降らず、じっくりと庭を観察。とにかくすごい雑草と枯れ木が落ちていたりで、あまり美しくありません。色々な木が脈絡なく生えて自然な感じも悪くないとは思うのですが、管理会社の専門家をお呼びして芝生にする打ち合わせ。白樺と富士桜を残して、ほとんどの木を伐採して根も除くことにしました。奥の方にある赤松は丈夫なのでツリーハウス用に残すことにしました。貼り芝と撒き芝で値段が倍も違うのでびっくり。始めは高いほうの貼り芝にしようかと思っていたけれど、当地の気候には撒き芝の方が適しているとのことでお安いほうですんでラッキー。工期は2週間ほどで7月後半には青い芝生を駆け回れる予定。楽しみです。

 21日のブログの続き。不適切な関係で降板となったA子さんに友人が直接会って話を聞き、降板を伝えるも「話に嘘が多くてがっかり」し、これからも頑張ってほしいという気持ちが一気に消えたとの事。嘘のひとつは、A子さん事件発覚後は一度もBさんと会っていないと主張したそうだけど、Bさんの職場に押しかけていることがわかっています。ひとつ嘘があると、全部しらじらしく思えてしまうのは仕方ないこと。
 A子さんの実力はちょっとしたコンサートに出演するにはいいけれど、ソリストとしてクラシックの舞台に立つにはまだまだ遠いレベル。私立育ちのお嬢様タイプでかわいいからファンになるしかるべき立場の男性を利用して仕事が多少くるかもしれないけれど、音量ばかり大きくて芸術性に欠ける演奏では枕営業にも限界あり。「今回の事件をきっかけにコンクール受験などで頑張って実力をつけてほしい」と伝えたそう。
 しかし、降板の理由が自分の夫や何より怖れているお母様にばれるのを回避するため?子供を作ると言うのでがっかりモード倍増。そんな理由で出来た子供って????友人は「とにかく彼女の事は忘れたい」と思い、代わりのアーティストもすぐに見付かりコンサートの協賛者や広告代理店もA子さんでなくても全然構わないとのことで、気持ちを新たにリハーサルを開始しました。これでコンサートは成功間違いなし。事件があったおかげで、早くA子さんを降板させる対応ができて結果オーライ。身近に小説よりもおもしろい事?が起こるんですね。
# by yumi-okazaki | 2006-06-26 10:44 | 河口湖

芝生

 河口湖の400坪近い庭には木が脈絡なくバラバラと伸び放題。先日、飼い犬ARTHURが庭で走り回っていたところ、切り株か小枝がひっかかったらしく傷から血が出ていました。木の中には、富士桜も何本か点々と生えていて、白樺もあります。それらを切ってしまう勇気もなくてそのまま放ってありました。
 先日隣の家の庭に芝を植えているのを見て、管理会社に「今時分が芝の植え時なのですか?」と聞いたところ、春から7月いっぱいが時期とのこと。一念発起して、庭の大部分を芝生にすることにしました。見積もりが来て、おおよそ思っていた値段でしたが「木の根は残す」という注意書きに着目。根が残っていたのでは思う存分安心して走り回れない・・・。で、根も撤去の最新見積もりを待っているところ。
 庭の図面におもだった大木と富士桜が書き入れてあり、「これは残す、これは切る」の分別をしなければなりません。今週末に行ってしっかりチェックする予定。
 先日、ユナイテッド航空の機内通販で見つけた「二人乗り大型ハンモック」は、ネットでBUYをクリックしたところインターナショナルデリバリ不可、が出てしまい泣く泣くアキラメ。でもハンモックはいずれ買うので、その分の幅の木は2本残したいし。息子は手作りツリーハウスを設計中なので、木の上にハウスがのりそうな頑丈な木は1本残したいし。
 まだまだ迷いそう。下手したら来年かも。
# by yumi-okazaki | 2006-06-23 16:07 | 河口湖

身近にあるとは・・・

 ピアニスト仲間の友人の話。共演者することになっていたA子さんと、私が親しくさせていただいている女性のご主人Bさんが不適切な関係になって、しかもバレてびっくり。そのご主人Bさんは妻に土下座し、友人にも土下座で即効謝りにきたそうですが、共演者A子さんからは音沙汰ナシ。結局、A子さんには降りてもらって、共演者を変更することにしたそうです。 
 きっかけは地方のコンサートで、「足をけがしちゃった~~~」と夜中にホテルの部屋からコールがあり、Bさんがあわててファーストエイドをもって駆けつけたらピンクの薄いネグリジェ着てたって。ぶわはは。すごく真剣な話をこちらも真剣に聞いていたのに思わず爆笑、ごめんなさい。しかし今時ネグリジェ(死語)、しかもピンク!そんなもんにムラムラきたのかと思ったら、男性心理としては微妙に違うそう。
 「いや、Hな気持ちがなかったわけじゃないけど、そこまで露骨に誘われて断ったらかわいそうな気がして・・・なんか恥かかせちゃうなと・・・」ま、言い訳に聞こえるけれど、他の男性も同じようなご意見で、勉強になりました!?
 ドラマとか噂話では、「男性と関係してチャンスを掴んだ女」とか「妻の浮気癖」なんて聞くけれど、周りにそんな話が現実としてないから、身近に起こって結構新鮮なような、気持ち悪いような。この女性、なかなかかわいい顔立ちでむっちりしたタイプ。Bさんだけじゃなくて、有名バイオリニスト(既婚)、放送局アナ(既婚)、伴奏ピアニスト(独身)、他数名とも同時進行中と世間で言われてます。火のない噂なら気の毒だけど、事実Bさんと関係したし。自分も既婚者なのに面倒くさくならないのかな?割とお相手も既婚者が多いのは、独身だとストーカーされたり、逆上率が高いからかも。そこへいくと既婚者は「妻怖し」で、もめ事が少なそう。私の夫に意見を求めたら「俺だったら足を怪我をしたって時点で医者を呼びますかって聞く。たいした事ないならフロントに行ったらどうですかって言う。」と仰いましたが、お膳据えられないとわからなくな~い?しかし「あり得ないっ!」とばっさり・・・。
 共演者交代等で友人としては「迷惑かけられたけど、今回のことを芸の肥やしにして、今後もA子さんに頑張ってもらいたい。」とのことでした。
 『据え膳ナントカ・・・』って言うフレーズが久々に登場したプチ事件でした。
 
# by yumi-okazaki | 2006-06-21 14:57

サッカー観戦

 昨日の晩は日本VSクロアチアの試合を銀座のレストランで観戦。私の後援会の発起人であり、私も後援会の発起人をさせていただいている、衆議院議員の逢沢一郎先生が主催して、関係者のサッカーファンと一緒に応援しようというもの。司会の生島ヒロシさんがめちゃくちゃ盛り上げてくれました。
 何人か有名人がいらしていて、私も前のステージによんでもらい、予想は?なんてやりとりがあり「2-1で日本の勝ち!」というと拍手喝采。他にも女優の三田佳子さんがエールを送ります。三田さん、私が子供の頃(なんて言ったら失礼だけれど)とにかく「なんて綺麗な人なんだろう」とため息をついてテレビを見ていたけれど、今でも本当にお綺麗でうっとり見てしまいました。あとは、佐藤ゆかり議員、予想は?に「5-0で日本の勝ち!」と言って拍手は来たものの生島さんに「サッカーわかってんの?」と突っ込まれてました、はは。しかも取材のカメラがふたりにフラッシュをたくと生島さん「僕との写真なら問題ないのにね~~~」と。(帰宅して週刊誌を見たら妻子ある男性議員とデートしたとかで、生島さんの発言の意味がやっと理解できました。)
 いよいよ試合開始で写真撮影で大きなスクリーンに試合が映し出されて、じっくり観戦!詳しくない私でも「あ~あ、今シュートすればよかったのに」とか「動きが遅いな」なんて感じるんだから、好きな人たちだったら「ジーコは何考えてんだっ!」と怒るでしょうね~。結果引き分けで本当に残念だった上に、私のとなり座っていた元放送局の叔父様が観戦中に白ワインを私の服にぶちまけてしまったの・・・。ナルシソ・ロドリゲスの結構な値段のお気に入り、え~ん、え~ん。ワインのシミは残念ながら取れず、お払い箱になりました。引き分けもドレスもすご~く悔しい。
 けれど、世界レベルの試合ってやっぱり見ごたえがありました。
 
# by yumi-okazaki | 2006-06-19 09:43

クラス会(2)

 中一日あけて、高校のクラス会。音楽と美術の二クラスしかない小さな藝術高校で、今回は9割り近い出席率。3年前の前回は誰を見ても、名前も誰だったかも思い出せなかったけれど、なぜか今回は全員の顔と名前がフラッシュバック!「目が慣れたんじゃなあい?」と美人のMちゃんに言われました。女38人、男1人(テノールで今は筑駒の音楽教師)という不思議なクラス。それぞれ、ほとんどが音楽大学に進み、今も活躍している人がいっぱい。専業主婦でも、ピアノレッスンを教えていて生徒さんがいます。やっぱり一時期、ひとつのことに集中して極めることって素晴らしいな。同じ主婦になっても「先生」とよばれる時間があるんですもの。
 私はこの高校の頃は遅まきの反抗期、芸大受験のプレッシャーやら、何人かの先生が大嫌いだったりと素行は自慢できるものではなかった・・・。でも、そんなことは「今は昔」という感じでたくさんのクラスメートが「ゆみ活躍してるね。頑張ってね」と応援モード、嬉しい(T_T).
 変わった人と変わらない人がいますね~。E子はそれほど画期的なタイプではなかったと思うんだけど、3人の子育てをしながら会社を起業して、新しいピアノレッスンメソードを開発中!えらい!元気のかけらをもらいました。その他、すごく頑張っているクラスメートにみんな少なからず刺激されてと思う。とってもいい機会でした。
 秋の和光堂ツアーで共演してくれるバイオリンの世川治子も出席。ソロリサイタルが近くて頑張っていました。
 担任の先生は作曲家の男性で今70歳。パ゚ツンパツンだった若い頃より、スリムになって髪もふさふさ。ただ、発言が意味不明なのは今も昔も変わらず。ま、言いたいことは多少わかるけれど、私とはセンスが違いすぎて全然賛同できないのは、これまた今も昔も変わらず。
 次回の幹事を引き受けてしまいました。「ゆみが幹事だと会費4万円のフレンチとか、やめてネェー^0^」とか言われて、もう、みんなまだ私のこと誤解してるわねっ!
# by yumi-okazaki | 2006-06-18 09:10

拙宅でシャンパンパーティー

 「岡崎ゆみ後援会」は私を応援してくれる会員さん(ほとんど知り合い)の会で、リサイタルへのご招待とか、会報の送付をしています。特別会員という枠があって、普通会員とドコが違うかというと、会費が高いのと^0^、私のプライヴェートコンサートへの招待です。
 というわけで、今年も拙宅でシャンパンを振る舞い、秋の新レパートリーの一部を披露。特別会員はそれほどたくさんいないので、日ごろ御世話になっている人たちもよぼう、独身の出会いの場も兼ねよう、なんていっているうちに様々な方を20人あまりもおよびしてしまいました。
 始めはどうなることかと思いましたが、結構盛り上がりまずまず成功かな?
 私は演奏するためにたいしてシャンパンを飲むことができなかったけれど、ヴーヴクリコのスタンダードイエローラベルは好評でした。今回はグラスにマーカーをぶら下げました。結構まめに買っていたので、チャームは全40種類くらい、めがねとか靴とか身近なものから貝殻とか色々。グラスのツルにはめるタイプで着脱も簡単。しかし私を心から応援して下る製薬会社の社長に女性のコルセットのチャームのマーカーを渡しそうになっちゃた^0^;。同じグラスで自分のがわからなくなっちゃうから、(と言ってサービスの人がいるわけでないから、即効で洗ったりしない)マーカーは本当に便利。40近くのグラスも食洗機であっというまに片付けられます。
 麻倉未稀ちゃんもあとから駆けつけてくれました。厚意でアメージンググレースを共演してくれて・・・。彼女の歌はやっぱりすごいねえ~~~。お客さまの何人かは感動して涙流しちゃった。
 すごくカジュアルなパーティーだったけれど、やっぱり生の音楽があるっていいな。皆さんにすごく喜んでいただけました。
# by yumi-okazaki | 2006-06-17 09:29

クラス会(1)

 続けてふたつのクラス会に出席。一つ目は恵比寿の小学校のときので、クラス会というよりも「とりあえず仲良しだけで飲もう」という話になり、クラスメートの男の子4人(といっても40代)と私。小学校5年生のときに転校してきたT君はすごーくハンサムで大人っぽくて、服のセンスが抜群でかっこうよかったです。私の家の裏で、ローラースケートをやっていて犬にかまれた話、なんてそれまで忘れていた話がビデオの再生モードみたいにはっきりと思い出せる感覚ってすごいと思った!今はなかなか立派な経営者として広告代理店をやっていました。
 お父様が当時珍しいカーレーサーだったI君も小学校のときは私が背負い投げでブン投げたりしたけれど、中学校で交換日記をした仲。今は代官山にあった外車販売店に立派なビルを建てて、2階でD-FORMEと言う輸入おもちゃやさん経営。N君は堅い会社に勤めていた折、お父様の急逝で家業のお弁当やさんを継いで、恵比寿南のお店は昼時に大行列。O君は駒沢通りにあった大きなネームプレート会社の御曹司で、早婚だったので、なんと初孫が生まれたとのこと。今はPCソフトの制作会社を経営。
 それぞれ、中学でぐれちゃったり色々あったけれど、現在はみんなとっても立派になって家族と仕事をもっています。この4人、小学校のときにそれぞれハンサムで今もイケメンちょいワルおやじ風。4人中Tクン以外が明るい茶髪で「若い!」。しかし気がつくと話題は病気や老眼の話~_~;。あとは、多少のシモネタ、特に昔の武勇伝?、これは男4人あつまりゃ当たり前、で結構「世の中の叔父さんはこんな話してるんだ」と勉強になりました。はは。
 恵比寿・代官山なんて私が子供の頃は、何にもなかったのに今はお洒落な町の代表。2次会はお肉やさんだったT・Nちゃんのお店。洒落たバーになっていてT・Nちゃんの弟さんがきりもりしていた。ウチは会社員の家だったけれど、地元家業の子たちが立派なビルを建てて全然違う仕事をしていておもしろかった!5人の話は尽きなくて第2回が待ちどおしいです。
# by yumi-okazaki | 2006-06-17 08:49

犬可のレストラン

 ネットで犬可のレストランを探すも、あまりたくさんは載っていませんね。たまにレストランガイドで「料金」「禁煙席」なんていうサインのほかに「犬可」「犬不可」と書いてあるとすごく嬉しい。今までそんなこと、気がつきもしなかったけれども、今では重要です。ウチの近くにあるバー「リング」(西麻布03-5464-9295)はお料理もなかなかおいしくて、犬連れで全然OKな所。(もしかしたら小型だけかも) テラス席のみ可のところは多少あるけれど、日本は雨が多いし猛暑の時にテラスは辛い。お店の中に入れる「リング」みたな所ははありがたいです。
 で、河口湖は色々あたって何軒か見つけつつあります。セイフー斜め向かいの不思議なカフェバー風?レストラン「THING」は犬をケージに入れれば大丈夫で、昔ながらのピーンボールやサッカーゲーム他、ちょっとしたアナログゲームがあり遊べます。
 インター降りて139号線を西の方にしばらく行くと(THINGを越して)、手打ちそばの看板が左手にあり、小さなお店だけど犬可で持つ煮込みがおいしいです。息子がちょっぴり車酔いしても自家製の小梅ですっきり。砂場という手打ちそばやは全然犬だめなんでお間違えなく。
 あとは太田和信号手前にPASTAの看板があるLOCO DOG。そこもOK。店の入り口には犬の絵の看板もあります。
 大きいところではJマートの中のドギーカフェ。Jマート内の犬関係グッズコーナーもフランス直輸入など、とっても種類が豊富でお値段も安め。外にはドッグランもあり、レストランではピザ・パスタ・グラタンが食べられます。まだまだ犬可はありそう。
f0028323_13561274.jpg

 ウチのアーサー 雄
# by yumi-okazaki | 2006-06-04 10:28

ドギーパーク

 犬がいると、いなかった頃のようにどこのレストランでも入れると言うわけではありません。子供がやっとまともなレストランにも行かれるトシになったとたん今度は犬・・・。でも、河口湖は比較的犬に優しい町。代表的施設は何と言ってもインター降りて富士スバルラインをちょっと上った所にあるドギーパーク。そこのレストラン「シルバンズ」はテラス席が犬と食事可能。わんこケーキやわんこ用ミルクとお菓子なんていう犬用メニューもあり、雨さえ降っていなければゆっくりお食事可。
 で、園内は有料でドッグランが5~6種類あり、その他、子供が楽しめるジャンボ滑り台などもあり。これはプラスティックのスレーを借りて大きな坂道をすべり降りるタイプで、息子も何回もチャレンジ。小さなお子さんにもメリーゴーランドや遊具がたくさん。小型犬専用のドッグランなどもあり、大きな犬が苦手なわんこも遊べます。
 ウチのアーサーは犬が大好き。ドッグランではどんな種類の犬にでも近づいて行って、かけっこしたり遊びたくてしようがない。だけど、犬も人間同様、性格様々で臆病だったり、犬嫌いだったり。でも、基本的にドッグランのマナーとして、迷惑をかけないで遊べる犬しかきてはいけないそうで、今のところかまれたりしたことはありません。
 今日はミニチュアダックスとチワワを2匹ずつつれた若い御姉さんがいたのですが、その1匹ずつが吼える吼える。アーサーはあまり吼えないから「うるさい~~~」。特にダックスが私の顔を見ながらしつこく吼えて、犬は好きだけどさすがに「かわいくないっ!!!」と思ってしまいました。
 たっぷり遊んで山荘へ。

f0028323_13402431.jpg
# by yumi-okazaki | 2006-06-03 10:15 |