岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

犬がきた

年度末・年度初めはなんだかんだと大忙し。そんな時に息子念願の犬がやってきました。4ヶ月の子犬で、ビションフリーゼという犬種。 今から20年近く前、独身の私に「捨て犬の里親になって」という話がきました。近くの獣医さんに行くと本当にかわいくて性格のおだやかなビションちゃんが大きな黒い目で私を見ます。しかし当時「不動産と動物をかった女は一生独身」というジンクスがあり、心を鬼にして帰宅。以来いつか犬を飼うならビションフリーゼと決めていたのです。
 覚悟はしていたけれど、結構大変・・・。こちらも初心者、あっちも初心者で遠慮しながらのつきあいも3日目くらいから無遠慮に(笑)。私は家を片付けてすっきり綺麗な状態にすることが何より大好きです。ちょうど「片付けられない女」の反対で「片付けすぎる女」。紙くず一枚なんてどんどん捨てちゃうから、息子の学校のプリントはその日のうちに破棄する。と2~3日たって「サインして返却」なんていわれて汗。
 犬の登場以来、一番辛いのはピアノのしたにある円形の素敵なシャギーの絨毯に彼が粗相をしてしまうので、新聞紙をひいたこと。何が悲しくて真っ白なカーペットに日経新聞が散乱するのか・・・(泣)。これもトイレトレーニングが一段落するまで、と我慢するのも限界。渋谷のTOA(布地屋さん)でZEBRA柄の安~~い生地を買ってきて新聞紙と交換。ちょっとはマシになりました。あちこちガジガジするし、ペロペロするし・・・。スタインウエイのピアノだけは、苦味スプレーをかけて死守!f0028323_1359440.jpg
# by yumi-okazaki | 2006-04-13 17:35 |

春休み

 今日は息子の終業式で明日から春休み、今日から恒例のスキーへ。マイレージをつかって北海道へ行きます。CLUB MEDがサホロにあり、今回でもう6回目くらいかな?クラブメッドは家族連れには本当に楽チンで楽しい、だぶる楽楽なところ。4歳から子供を預かってくれるクラブにて子供は子供で楽しいプログラム満載!スタッフも楽しませることに命をかけている感じで、シャイな子でも数時間ですっかりクラブメッド流に時間を楽しめるようになり、いつも本当に驚きです。
 こういうノリは絶対に苦手な人とすごく好きな人にパキッと分かれるみたい。細かいこだわりがあるタイプには厳しいかもしれません。スタッフや他のお客さんと10人テーブルでわいわい食べるのは本来日本人には向かないのかも。お料理は大量に作るブフェなのに、世界各地からのシェフが頑張って作っていて、種類がこれでもかって豊富にあり、だいたいメッド滞在3日でほとんどの方が体重増加します。
 さすがもともとフランスのリゾート。食事もおいしいし、載せ上手。いつも思うけど、お客の側が少し前向きに楽しもうとするとすごく楽しいけど、ただただ座っているだけでは何にも楽しくないところ。その点でディズニーランドとは根本的に正反対かも。ディズニーは座っていれば乗り物が動いてくれて全て出来上がったお膳立て完璧なリゾート。かたやどんな出会いがあってどんな楽しさが待っているかは自分次第。私はお膳立て型よりこっちの方が好きかも、今のところ。

 それにしても、子供のスキースクール代から食事代から全部インクルシヴっていうのも面倒がなくて楽。しかも、スキーインストラクターはオーストラリアからオリンピック級の元選手がぞくぞくやってきていて、英語&スキーがあっという間にうまくなっちゃう。今年は息子がどのくらいうまくなるか楽しみです。私はロビーのピアノで毎日練習のだけど。1週間したら戻りマ~ス。
# by yumi-okazaki | 2006-03-17 09:37 |

インタビューページ

 「子供の習い事」サイトに私のインタビューが載りました。ぜひぜひご覧下さいませ。ピアノのレッスンについてのあれやこれやが書いてあります。私は息子にピアノを教えていません。どこもそうだけど親が教えると容赦なくて怒っちゃうとかわいそう。だから私の信頼する若い先生にレッスンしてもらってます。自分が子供の頃と息子は全然違うタイプ。先日も息子のピアノ発表会にやってきた母が「ようやく普通のお母さんが感じる発表会の気持ちがわかった」だと・・・。つまり、私が子供の頃は「他の子供よりダントツにうますぎて、鼻が高かったけど、アンタ息子はつっかえたり、とまりそうだったりハラハラしたのは初めて」だって。(自慢で恐縮っ)しかし、息子は友達の弾いていた曲で興味をもったものを楽譜などなしで家で弾いてしまいます。それは或る意味すごい才能、だって、未だに楽譜があんまり読めないのに音感だけで音を探して演奏してしまうのだから。とまれ息子はクラシックには全然向いていないので、音楽好きの優しい男性になってくれれば御の字、と思ってます。
 インタビュー記事はhttp://www.kodomononaraigoto.net/totsugeki/02/index.html

 そのほかサイトで私のインタビューが見られるのは
http://www.motheru.jp/ こちらから拙著も購入できます!
# by yumi-okazaki | 2006-03-12 16:12 | 出演

Parisから家具到着2

 Parisで1月に注文した大理石の丸テーブルがついに到着しました。アクリル樹脂のネストテーブルの方は自分でパリのヤマト運輸まで運んで配送し、2週間後には到着してました。今回のものは注文から2ヶ月で納品と言われて到着。サイズ違いのふたつのテーブルは真っ白の足と暖色の大理石盤がとっても素敵!knollというブランドの物でイタリア製。サンジェルマン大通りに並ぶ家具屋さんの数々の中でも、すご~~~くかっこいいお店です。knollからパリのヤマトまでは二個口で配送されましたが、パリヤマトで念には念を入れて?4個口に再梱包。なので、もう輸送費の高い事ったら、テーブル代の半分くらいになっちゃった。それでも、大理石がまっぷたつ~、なんてことになるよりはずっといいからシブシブ財布を振りましたが。4つのダンボールはやたら重くて荷を解くのも大変、詰めものもいっぱい。家に入ったときより、ゴミ捨てに行くときの方が3倍くらい大きくなってしまった。
 海外旅行でブランド物のバッグや服を買うより、こんな買い物って本当に楽しかった。今回のパリは日本で人気のブランド店には1軒も入らず、毛皮の問屋やら家具屋やら、キッチン小物やインテリアのお店めぐりで時間オーバー。その甲斐あって、いいものが手に入って上機嫌。
 味をしめて、今ほしいスパプール(ジャグジースパなんだけど、水流が前から襲ってきて泳げども泳げども同じ位置にいるというソロモノ)を5月の訪米で買ってしまうかも・・・。ひぇ
# by yumi-okazaki | 2006-03-09 11:31

銀座再発見オンエア

 先日の取材中の寒さで首肩の筋肉痛と頭痛が2~3日続いてしまいましたが、ついにオンエア。ちょっとヘアメークが失敗だったけれど、女優さんやタレントさんでもないから、まっいいか。銀座でご縁のあるお店はたくさんあるけれど、やっぱりピアニストだからYAMAHA銀座本店がメインになりましたね。YAMAHAホールで開催の学生コンクール本選会で大熱を出してヘロヘロのまま演奏したエピソードがとってもうまく編集されていて、見ていて懐かしかった。そのほか、三笠会館の「鳥のから揚げ」を食べていた青山学院女学校卒の祖母(大正15年生まれ)のエピソード。祖母と母と一緒に写っている写真とか、父方の祖父・岡崎嘉平太とツーショット写真とか、私の子供時代がわかるような番組になっていました。それにしても子供時代の私の顔が今の息子にうりふたつで、つくづく遺伝子の強さを実感。息子は白人というか「アメリカ人のハーフになりたかった」って、今から無理ってものよ。
# by yumi-okazaki | 2006-03-07 09:19 | 出演

スカパー!110 300ch CS日本

 CS日本の「GINZA魅力再発見」を収録しました。女性文化人がそれぞれの銀座の思い入れを語りながら銀座を紹介すると言うもの。私の出演は3月から5月にかけてのオンエアなので、この寒さの中、春の薄着で戸外ロケ、トホホ。銀座通りを歩くシーンがすごく多くて、寒いの寒くないのって。収録は金曜日だったけど、土日は首と肩がすごい筋肉痛、あと頭痛。相当に身をちぢこませていたみたいで血管と筋肉が固まった模様。でも、スタッフが素晴らしくて、トントンと進み、予定より30分も巻いた!おすことはあっても巻くことはなかなかないのでスタッフに感謝。
 母方の祖母のそのまた母から、銀座「えり円」とおつきあい。今回はえり円の取材はなかったけれど、銀座とは長いおつきあい。祖母はなくなっていますが青山学院女学校卒のハイカラさんで、身長165CMの美人でした。その大正15年生まれのおばあちゃんが若い頃食べていた三笠会館の鳥のから揚げが、今もってメニューにあるのでご紹介。
 また、母方一家女性7人が写っている写真も登場の予定です。私は父方の岡崎家似。(あまりビジュアル系の家系ではありません~_~;)しかし、母方はおばあちゃんも母の妹たちもみんな美人、特に母は美人コンテスト賞金荒らしをしていたらしい(現在は原型をとどめておりません)。叔父のお嫁さんもミス慶応?で、これまた美人。私だけがブチャイクな写真・・・。ま、今となってはあまり気にならず写真を見て懐かしいばかり。
 3月から毎週 月10:30~、水18:30~、土11:00~ですっ。
# by yumi-okazaki | 2006-02-20 10:04 | 出演

シンフォニー号クルーズコンサート

 昨日は麻倉未稀ちゃんとのバレンタインクルーズコンサート。お天気もよくて、大成功!一番心配した未稀ちゃんのデビュー曲「ミスティトワイライト」ボサノバ風もリハーサルより上出来でほっとしました。ドビュッシー『月の光』はおりしも満月が綺麗で最高でした。船上で弾くのは多分3回目です。船の床って真中が盛り上がり、両窓際が下がってる。だから窓に沿っておいてある昨日のピアノは低音の鍵盤が高音よりも低くて、つまり鍵盤が斜めに傾いているのです。前に弾いたときは超焦りましたが、今回は経験済みだから覚悟の上、楽しもうと思っていました。バッテン、つい演奏にノッて鍵盤から目を離した瞬間、指が一個ずれちゃった(泣)、しかも目立つソロの部分で・・・悔しい~~~。
 こういうミスを「演奏家ってすごく気にしますよね」、「でも、聴いているほうは全然覚えてないのに」って周りに言われても、実際にはそれ以外の演奏全て大成功でも、たったひとつの音が許せず悔しい思いが消せない昨晩でした。
 新レパートリー「赤とんぼ」では、間奏にリストの愛の夢サビ部分を挿入、かなり派手な赤とんぼになり「Red Dragonfly」と楽譜に書き込み^0^。
 懐かしい友人などもお客さまできてくれて感激。未稀ちゃんとのコラボはただいま急増中です。
f0028323_1143465.jpg

# by yumi-okazaki | 2006-02-15 12:18 | 出演

リフォーム

 子供部屋をリフォームすることに。昔から家具を考えたり、図面上のレイアウトを考えたりするのが大好き。約9畳の部屋をあれこれ考えます。友達が遊びに来ると狭いから、ベッドはクローゼットにぱたんとしまえる物を考え中。友人宅がそれを購入したので、「壊れたりしない?」などしつこく質問したけど、ドイツ製で大丈夫そう。ドイツの物って本当に使いやすくて丈夫。車もあいかわらずドイツ車は人気ですものね。で、勉強机とPC・シンセサイザーを置く机を片側の壁に全部作りつけて、しかも壁の天井までを本棚にしたい。これでかなりの収納ができて見た目もすっきり綺麗。
 しかし!今のベッドはまだ3年目。かなり無理してBo ConceptのKIDSを購入。これも気に入って買ったのでなかなか良いのです。BEDは2段ベッドの上ほど高くないけどちょこっとはしごを上って寝るたいタイプ。でベッド下にたくさんのおもちゃ引き出しなどを老いてます。WOODYな白木とアイボリーに塗られた部分のコンビネーションがお洒落。そのマッチングで、勉強机と、洋服を入れている細縦長のタンスもリフォーム不要になるけど、どうしよう~_~・・・。ネットで物を売ったことはないけど初挑戦してみようかな。
# by yumi-okazaki | 2006-02-07 09:09

個人輸入

 パリで購入したテーブルが到着!今回のパリでどうしても買いたかったのが、ネストテーブル。ティーカップやワイングラスをちょっと置くのによい大きさで、普段は3つが入れ子になっているもの。日本で探したけれどもよいのがなくて絶対パリでと決めてました。リビングには2メートル以上あるピアノがデン!と置いてあるためソファーにローテーブルを置いてしまうとすっごく狭くなる。だから普段は重ねて置いておける素敵なネストテーブルがほしかった!
 パリ左岸にずらずらと並ぶかっこいい家具屋さんを端からのぞいて、やっと決めたのは、ウチのテーマカラー「アイボリー」の丸いタイプ。入れ子にはならないけれど。そこからパリの「国際ヤマト運輸」に電話して、規約的に送れるかどうか長々電話。結果OKでしたが肝心のテーブルは注文から2ヶ月。なのでそちらは3月着の予定。
 帰る前の日にぶらぶらとデパートの家具売り場を見ていたら、これまたウチのあちこちにつかっている「グリーンがかったガラス」と同じ感じの2個入れ子テーブル発見。在庫ありで、タクシーでパリヤマトまで担いで運びました。息が切れたけど頑張った^0^。それが、我が家に到着!労力を使ってGETしたものをつかうのって本当に嬉しい。f0028323_11402962.jpg
# by yumi-okazaki | 2006-02-04 09:10 |

すくすく赤ちゃん

 自分がマンガになった。しかも美化されて・・・。NHK出版のすくすく赤ちゃん2月号83~84頁。昨年の和光堂コンサートにイラストレーターの山本郁子さんが2歳の坊ちゃんと来場。その折の模様を16コマのマンガにしてます。いや、わっはっは、って感じで、岡崎ゆみ登場には星が3つも飛んでるし、若くて美人だし、山本さんありがとうううう。あんまりイラストになったことないから感激。読売新聞の日曜版(すごく前だけど)に似顔絵が載ったときはなんかホームベースのような顔だったっけ。今回はピアノ弾いている姿も乗馬の先生に誉められそうな美しい背筋!嬉しい。
 嬉しいと言えば、雑誌は日経ビジネス1月9日号、ベストセラー総合ランキングの13位に拙著「クラシックを聴くと良い子が育つ」がランクイン、涙。
 f0028323_983044.jpg
# by yumi-okazaki | 2006-02-01 11:14 | 出演