岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

池田理代子さんと

 池田理代子さんと対談しました。妹分(と勝手に私が思っている)としてもう10年以上可愛がってもらっています。しかも、私の結婚相手の紹介者で仲人さん。足を向けて寝られない、本当にお世話になっています。人のご縁ってつくづく不思議。男女でも同性でも、好き嫌いが似ていることって私にとって長くおつきあいできるベースですね。食べ物とかの好みもできたら似ているほうがいいけど、人間の好き嫌い、サービスや雰囲気なんかの好き嫌いが似てると、つまりものの見方や考え方が似てると思う。だから長くおつきあいできると思います。
 理代子さんは今、ソプラノ歌手として超多忙。年末に久しぶりに歌を聴いて、(失礼な言い方だけど)本当にうまくなった~~~!素人のオペラ好きの域とは全然違っていました。ピアノよりも歌のほうがもっと底辺が広くて、プロの道は狭き門だけど、40代からはじめてここまで来るってすごい。私ももう少しJAZZの勉強頑張らなくちゃ。
 対談はピアノ専門誌ショパン3月号。今、音楽マンガ流行り、でのテーマ。しかし、理代子さんはマンガ全然読まないそう。私はNANAとPRIDEは楽しく読んでます。が「、のだめ~~~」は読んでない。なんか絵柄が私の好みでないし、「のだめ」っていう語幹があんまり・・・。でもそのマンガで楽器や音楽に興味を持つ人が増えてるって素晴らしいこと。
 対談中も理代子さんと私の好き嫌いはかなりぴったり合ってました。嬉しい。なんか「そうそうおんなじこと感じた!」って瞬間は気持ちいいじゃないですか?インタビュアが口を挟む間がないくらい盛り上がりました!
# by yumi-okazaki | 2006-01-25 10:47 | 出演

構成に悩む

 今年も和光堂プレゼンツ「岡崎ゆみのファミリークラシックコンサート」全国14公演が決定。新年が明けてからコンサートの構成をどうするか悩み、特にこの3日間は楽譜棚・本棚からあれこれ引っ張り出しては戻し・・・。ちょっと弾いてみては別の楽譜を出してまた弾く。コンサートのテーマと自分の弾きたい曲、お客様が聞いていて気持ちよく楽しめる、他、多すぎるマターを全て取り入れるように考えると頭の中が混乱~_~。オペラ「ラ・ボエーム」の2幕にピエロが子供たちに風船やお菓子を配るシーンがあるとのことで、DVDをチェック。そうこうしているうちに、あっという間に息子が帰宅。それでも、プレママ(妊婦さんとお友達やご主人のためのコンサート)のピアノソロはテーマが見えてきました。あとは、問題の乳幼児向けコンサートの構成。頑張るぞ!
# by yumi-okazaki | 2006-01-24 09:01

アンケート

 昨年の和光堂ツアーによせられたアンケート1600通全てに再び目を通してます。ほとんどが「小さな子供連れで本格的なクラシックを聴けて嬉しかった。演出も子供があきないように工夫されていてよかった。」というもので、私の気持ちがわかってくださったことに感謝!一方、「童謡やアニメソングをもっと入れて」と言う方もいて、悩むところ。本格的クラシックを乳幼児とご家族に聴いてもらいたいという私の目標と外れてしまう・・・。今年のツアーの選曲の真っ最中なので、アンケートのエクセル画面の前に頭を抱えます。
 アンケートっておもしろい。正反対の意見がたくさんアリ。「オペラは難しい・イタリア語わかんない」VS「歌を外国モノにしたのがよかった」。 とか「変に子供に合わせず本物のクラシックがきけてよかった」VS「知らない曲は子供があきる」 とか。「クラシックピアノの音色にうっとり・普段聴けないピアノや声楽・トランペットが嬉しかった・子供も興味をもった」VS「2歳までの子供が多い為、ゆっくりすぎて退屈している子が多かった。ピアノソロのうえ曲も単調。京響のみんなのコンサート(0才~)の方が楽しんでいた」って、オーケストラと比べられてもねえ~_~。そりゃ、オーケストラがトトロを弾くコンサートとは全然目標が違いますから。比べること自体ナンセンスだと思うけど。というわけでお客様全員の希望をかなえるのは無理かも。まだまだ構成に苦しみそう。
# by yumi-okazaki | 2006-01-23 11:04

クラウン

 昨日飲みすぎ・食べすぎで朝は起きられず午前中はほとんど使い物にならず。昼過ぎに麻布十番のそばやさんでいつも全然変わらないメニューを注文。メニュー表を見ないでよどみなく飲み物と前菜をオーダー。というと常連みたいですが、単に悩んでも悩まなくても結局いつも同じもの頼んでしまうため。偶然、息子がいつも靴や帽子取られたり、他のいやがらせ受けてる同級生男児の家族に遭遇~_~; ご両親すごく良さそうな方なのに、子供のキャラはなんで違うの?
 息子は環境のせいか少々アーティスティックなキャラ。たとえば右耳の後ろに1本細い三あみをたらしてる。これは私が編むけど本人のセンスでしているもの。どんなにそのことで苛められても本人は切ろうとしない。そんなだから、生意気系の子からは、すでに「キモイ」呼ばわりされてます。他人様にキモイなんて呼び方は子供のうちは許されないと思うけど。私が行って生意気軍団をしかるわけにもいかないし・・・。子育てってますます難しい・・・。
 さて、昨日のCROWN、RENEから電話。前々からファミリークラシックコンサートにCROWNを入れたかったので、ブレスト。起用するとしたらヨーロッパの本格的&芸術的CROWNを欲していたのでRENEはまさにぴったり。すでにルネのシーンも頭に浮かんでアイディアが満載ですがまだまだ、知恵とセンスを搾り出さなければ・・・・。今年の和光堂ツアーお楽しみに。
# by yumi-okazaki | 2006-01-22 18:09

息子バースデイ

16日が誕生日だったけれど、帰国間もなかったので今日誕生会を開催。大好きなお友達に招待状を送るもなんと大雪~_~・ ドタキャンのお友達もありましたが、雪の中多数の家族が来てくれました。場所は西麻布のピッツエリア。シャンパン・ワインを持ち込み(子供より自分たちの好み優先^0^)、余興は私が高く評価しているオランダ人のジャグラー、ルネ・ボスマン氏。手品あり、風船あり、ジョークで笑わせて子供たちは大喜び。結果盛会でよかった。ルネは6月公開の映画「バルトの楽園」に出演するそう。ヨーロッパのエンタメアーティストは本当に実力がありますね。ドイツのサーカス大学なんて入試はすごい倍率だそう。飲んでしゃべって笑って、帰宅して息子以外はへたりこんでます。
# by yumi-okazaki | 2006-01-21 20:32

拙著『クラシックを聴くと良い子が育つ』

 拙著の増刷がほぼ決まりとの知らせがありました。やった~~~<涙>嬉しい!なにしろ今回は一言一句自分で書いたから本当に自分の本!知人からのメールで「ベストセラーにのってたよ」と。生協の白石さんとか話題のノンフィクション本に比べて拙著なんか話題にもならないかと思っていたので、本当だったら嬉しい~~~。日経ビジネスのランキングで丸善本店総合13位!もうひと頑張り。実は自分で書いたため結構変なところがいっぱい。出版社が校正しましたが自分で気に入らないところを今日ガッツを入れて直して送りました。
 それで時間をとられ明日の息子の誕生会のケーキ注文を忘れ、恵比寿アトレに走り、「3日前注文しか無理」と言うのを無理やりオーダー。夜は夫の会社の家族会。メイクは朝にさっくりしたののまま、ダッシュで間に合いました。ばたばたはいつものこと。
# by yumi-okazaki | 2006-01-20 20:15

ソニー教育財団の評議員してます

 ソニー教育財団の贈呈式に行ってきました。「科学する心を育てる」目的で小中学校から論文を募集。優秀校に助成金とソニー製品をプレゼント!(ソニー子ども科学教育プログラム・ソニー幼児教育支援プログラム)。なんと1959年からやっています。私は評議員をしているので、贈呈表彰式に参加。出井伸之理事長のあいさつに「企業倫理」の話が出ておもしろかったな。アノ人物を「企業倫理を完全に無視したようなやり方」って。。
 それにしても最優秀校をはじめ、20校、4園の先生たちの目がとっても輝いていて感動。変な先生の事件ばかり記事になるけれど、こんな熱心な先生(しかも授業に創意工夫を凝らしている)がたくさんいるのは素晴らしいこと。そんな先生にたまたま当たった生徒と性犯罪犯すような先生に当たった生徒でその後の人生が全然違うと思うと、運とはいえ不公平だなと思ってしまいました。まあ、反面教師として学ぶこともあるかもしれないけれど、どうせなら今日の先生方みたいな方々に教えてもらいたいな。
# by yumi-okazaki | 2006-01-19 08:16

友人がきました

 今日は20年来の友人、Yちゃんが拙宅に遊びにきました。昼ゴハンと夜ゴハンを拙宅で食べたから10時間くらい・・・。女はお喋り好き。と言ってもここまで積もる話があったのは彼女が普段はパリに住んでいるからです。中学生でパリに住んでからずっとパリですでに40ン才。私が留学中に知り合ってからずっとのおつきあいです。Yちゃんの特技は占い。プロより勉強してるかも。今日は軽くchinese tarrotとほんちゃんのtarrotをやってもらいました。私はかなり長いこと仕事を続けるとの事、やれやれ。また、息子はスペシャリストとしてトップに立つそう!そっちは本当だといいなあ。
 その他は今週毎日イーウーマンサーベイでキャスターとしているため、読者からの投稿にコメント書き。テーマは「この冬クラシックコンサートに行きますか?」今のところ「行かない」が70%くらい。でも、「行きたい」方はたくさんいました.
www.ewoman.co.jp
 それからマザールのカケルインタビューもアップ   
www.motheru.jp
# by yumi-okazaki | 2006-01-18 05:48

クルーズコンサート

 2月14日のディナークルーズコンサートの打ち合わせを現場でしました。ランチを頂きながら演奏会場や船の各階や操縦室も見学。以前客船で演奏したとき、床が傾いていてちょうど今流れているラ・カンパネラを弾いて平衡感覚で弾いていることを実感。船の床は構造上船首に向かって幅の真ん中が盛り上がり左右が低くなっているそう。ピアノは左の端に窓に沿っておいて合ったからピアノの左側が下がっていて右が高くなってました。すご~~~く変な感じでしかも微妙に揺れるから、音が大幅に飛ぶラ・カンパネラみたいな曲はドキドキ!
 今回は勝手がわかっているから心構えで乗り切ります。昨年から始まったコラボレーション「麻倉未稀&岡崎ゆみ」のユニットでクラシックからロック・ポップスまで洒落た曲で奏でる大人のコンサート。未稀ちゃんとは本当に気があっちゃって、いつもリハーサル1時間とだべり2時間があっと言う間に過ぎちゃう。昼も未稀ちゃんとふたりで出航の汽笛を鳴らして「最高のタイミング」とクルーに誉められちゃった。ふたりのレパートリーはミュージカルナンバーが多いけど日に日に増えています。たくさんのお客様に来てほしいけど、本格的フランス料理込みで¥16,000ナリ ^0^。結構もう申し込みがあるとのことだけれどぜひたくさんの方に楽しんでいただきたいです。
 日の出桟橋から19時出航。
ご予約:3798-8101 か www.sit.jp   ランチクルーズも相当景観がよかったけどシンフォニー号の夜景は評論家も絶賛したとのことで、楽しみ。
# by yumi-okazaki | 2006-01-17 09:30

帰国早々

2006年1月16日
帰国とともに息子の誕生日。今日は家メシで息子の好きなものばかり。なぜかクリーム系料理が全然ダメなので明治屋でチョコガナッシュケーキをゲット。CANDLE大好きな息子はひとまず喜んでなんとなく家族ってHAPPY。パリの写真をみんなで見ながら盛り上がりました。家族を置いてのパリはどんなに自由で楽しいかと思ったけど、なんだかさびしかった。オウチが一番。でもパリはホテルに泊まらず短期貸しのアパートに滞在。日本の会社経営で、イケメンのコンシェルジュが空港まで送迎や買い物のおつきあいもしてくれます。マルシェサントノーレ近くのアパートに鍵で入るときはもうパリジエンヌの気分。場所も最高に便利ですごくおすすめ。すでに知人が私の話を聞いて夏に予約を入れるとのこと。ご興味があれば
http://www.ss-ei.com/paris/TEL:03-5381-3210 / 0120-822-585(お客様専用フリ-ダイヤル)
# by yumi-okazaki | 2006-01-16 09:32