岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 「元気が出るピアノ演奏」

 親しくさせて頂いている著名な音楽プロデューサーM氏の奥様が昨年の9月2日に脳梗塞を発症され一命を取り留められました。まだ脳疾患を発症するような年齢ではなく私よりお若いと聞いておりました。幸いに認知障害がなく、M氏にささえられて半年間の辛いリハビリに耐えられて本日退院されることになりました。
 奥様がベッドで動けない状態から6か月、杖をついて歩けるようになるまで、二人三脚で努力をされている様子を時々メールで知らせてくれていました。
 その中で、私にとって涙が出るくらい嬉しいコメントを頂きましたのでご紹介させて下さい。奥様はまだ小さなボールも握ることが出来ずに手から滑り落ちてしまい、その訓練を何時間もなさっていた頃に下さったメールです。


 妻は未だ入院中ですが、順調に回復しています。
ある意味、入院を契機に彼女は一気に岡崎さんのファンになった人間です。
彼女はほとんど毎日岡崎さんの演奏を病院のベッドの上で聞いています(私も、彼女と一緒に iPodからヘッドホンを二股で出して聞いたりしています)。
彼女ほど岡崎さんの演奏のヘビーリスナーもいないのではないでしょうか(笑)。
特にお気に入りなのがリストの『Consolation』です。
今日も二人で「ピアノの音がすごく良いネ。いまどき、こんなに自然なピアノの音を出す人はいないネ』などと言いながら聞いていました。


 そしてこの曲を聴いているときに奇跡が起こりました。「何日も何度やっても出来なかった小さな細長い木片を指の間で回すことが岡崎さんの演奏を聴きながら突然出来た!」と話してくれました。

 正直にいいますと、私は音楽雑誌などを見るたびに「こんなにたくさんピアニストが演奏会を行っているのに、私がする必要がどのくらいあるのか?」と疑問を持ってしまうことが度々ありました。 リサイタルにいらした多くのお客様が「ゆみちゃんのピアノを聴くとすごく元気が出る」「いい気持になる」「疲れが取れる」と仰って下さるのを「お世辞」だと思っていました。しかし今回のことでM氏や奥様が仰って下さるような力が私の演奏に少しでもあると信じてみようかと思いました。ご夫妻に私がピアノを弾く意味を見出して頂きました。
 まだ具体的にどうしたらよいのかわかりませんが、「元気が出るピアノ」を生かせるようなコンサートを行っていきたいです。

 K子さん、退院おめでとうございます。そして、私のピアノ演奏への気持ちを良い方向に導いて下さりありがとうございました。 
by yumi-okazaki | 2012-03-31 12:08 | 備忘録

東音ピアノコンクール

 3月24日(土)に東京音楽学院主催の東音ピアノコンクールの審査員をしてきました。審査員長の浅香満氏は活躍する作曲家で私の芸大の同級生です。私のリサイタルでも浅香作品を何度も演奏しています。浅香氏が声をかけて下さり、62名の小学1・2年生、17名の5・6年生と11名の中学生の演奏の審査をしました。
 東音には関東に7つの支部校があり、コンクールも緻密な運営ですべてがスムーズに進行しました。
 自分がコンクールを受けているときに感じた巨大なプレッシャーや緊張、たくさんの練習などを思い出してひとりひとりを真面目な気持ちで審査しなければいけないと釘をさします。
 
 狛江エコルマホールのフルコンピアノを弾くことも参加者には良い経験になると思います。
 
東音ピアノコンクール_f0028323_1705390.jpg


 日本中でたくさんのピアノコンクールが行われています。参加者が入賞したり選にもれたりしながらコンクールが励みになってピアノ人口の減少を防げるといいと思いました。
 入賞の発表で本当に嬉しそうな顔になった子がたくさん。トロフィーとともに良い思い出になったと思います。
 
東音ピアノコンクール_f0028323_174349.jpg

 
by yumi-okazaki | 2012-03-26 17:04 | 出演

イベントの実行委員長

 息子の学校の保護者会役員をお引き受けして、57年の歴史あるイベントの実行委員長を務めさせて頂きました。コンサートのプロデュースは経験豊富でもイベントをするのはほぼ初めて。しかも歴史があるので失敗は許されず自分が演奏するのとは別のプレッシャーがかかりました。

 主旨は生徒への奨学金や各種活動資金を募るファンドレイジングを目的とした保護者、卒業生、先生方のダンスパーティーです。過去には500人を超える人が集まり、抽選会の賞品も新車の外車だったとか024.gif001.gif 昨年は震災のため中止になったので今年は気合が入ります。とはいっても私がお引き受けしたのが2012年1月なかばだったのでたった2カ月…間にあうんかい?と言う恐怖との戦い。でも他の役員さんがたくさん手助けしてくれて3月17日に213名のお申し込みを頂いたイベントを大盛況で終えることができました。038.gif

 テーマはHeARTful。「豊かな心」と「藝術」を組み合わせました。オープニングのあいさつの後、エンタメとして世界の舞踊を披露。まずバレエ「白鳥の湖」より牧阿佐美バレエ団の青山希可さんがオデットのソロを踊ってくれました。
イベントの実行委員長_f0028323_1611665.jpg
あまりにも美しくてお客様、とくにパパ達がうっとりしていました。その後インド舞踊のあと、15歳の歌舞伎俳優で踊りでは若手最高との評がある中村梅丸丞が三番叟を舞って下さいました。息子の学校は男子校の一貫教育なので親御さん達が15歳男子の立派な舞いに心から感動していました。
イベントの実行委員長_f0028323_1614865.jpg


 続いてライブオークション。芸大の先輩後輩や友人アーティストに作品を寄付して頂き、それらを競りに出して寄付金を集めました。こちらもすべて高値で売れました。
 副実行委員長(インドのママ)が起用したインド舞踊家以外はエンタメもアートもすべて私のキャスティング。皆さん快く協力してくださり、感謝の言葉もありません。本当にありがとうございました。

 学校の体育館がパーティー会場に早変わり
イベントの実行委員長_f0028323_160924.jpg

 素晴らしいお料理もケータリング
 
イベントの実行委員長_f0028323_160388.jpg
イベントの実行委員長_f0028323_1622495.jpg


 私は毎年1月2月をその年の秋の新レパートリーの練習時期にしていますが、今年はこのイベントの準備にかかりきりでした。でも、たまにはこういうことをするのもとても良かったです。いい時間が持てて勉強にもなりました。
 さて、このために作ったワードドキュメントが100個以上、エクセルが7個、PDF等を入れるとファイルに保存したものが127個ありました。あとから振り返るとびっくりです。
 余興が終わっていよいよダンスタイム。当高校生によるジャズバンドの高レベルの生演奏と、DJによる80年代を中心としたダンスミュージックで先生も親たちもとびきりの笑顔でダンスをしていたのを見て感無量です。ワイン・シャンパンも完売です。私も最後はちゃっかり踊って楽しみました。 
by yumi-okazaki | 2012-03-18 15:42 | Party