岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドレスコード

 先日「好きな有名人になりきり」仮装デーがありましたが、なんやかやとドレスコード指定の日が多いです。息子はイベントが大好きなので、そういう日をいつも楽しみにしています。

 心臓疾患の子供たちへの寄付イベント「縄跳びデー」は縄跳びをして寄付を募る。って、つまり縄跳びしても心臓バクバクしない強い子からのメッセージってことかな?すごい。この日は「赤」を着てきてください。

 で、バレンタインデーは"Wear Pink Day"でピンク。
ドレスコード_f0028323_263187.jpg


全米の小学校でほぼあるらしい?パジャマデー。昨年は担任(中年オバサン)もお見事なパジャマ姿で口あんぐり!でしたが今年はあんまり見たくない(ビール樽腹の男性担任です)と思っていたら普通のカッコで助かりました。
037.gif
ドレスコード_f0028323_2241237.jpg

ドレスコード_f0028323_2172670.jpg


 今日は"Crazy Hat Day". こんなに「楽しいことばかり」で息子の日本復帰は大変だあ!と考えるべきか、イベントを素直に楽しめるようになって良かった!と考えるべきか悩むところ。

ドレスコード_f0028323_2214963.jpg


 前回ブログのD.A.R.E.は試験ののちちゃんと卒業式がチャペルであり、婦人警官(担当講師)がひとりひとりの卒業証書をくれました。(バッジと野球帽も) 7人の子が「絶対にドラッグには手を出さないし、21歳までお酒は飲みません。タバコは一生吸いません」を基本にすえた作文を朗読して、保護者の拍手喝采で式を終えました。


 ドラッグへの嫌悪感を11歳で刷り込むことは、とっても大切だと思います。ドラッグに触れる機会はまだないけれど、きちんと自分の意見を持ち始める年頃だから。その上、この婦警さんは子供に大人気。きっと話も面白かったのでしょうね。大事なことです!049.gif
by yumi-okazaki | 2009-02-28 02:26 | アメリカ記

D.A.R.E.

日本にないクラス、Drug Abuse Resistance Education=D.A.R.E.が5年生から始まり、半年のクラスを終えようとしています。いかにドラッグやお酒が怖いか、こちらの婦警さんが講師として週1度のクラスで講義。そのおかげで息子は心底ドラッグは最低!って思っているみたいで、私がワイン飲むのもあんまりよろしくないって感じ。
 結構私立校もドラッグ汚染がひどいとか。だから、5年生と言う子供卒業の時期にこのセミナーは本当に意味があります。
 そのクラスの仕上げに「私の夢」と言うポスターを作りました。夢を実現するには、絶対に薬に手を出すな!ただ、ダメダメと言うだけでなく、本人達の夢と関連づけるところがいいね049.gif

D.A.R.E. = Drag Abuse Resistance Education classes were given since the beginning of the 5th grade. A female police officer gave lectures at my son's school.

At the end of the series, students made posters about their dreams. In order to accomplish thier goals, everybody has to stay away from drugs.

This kind of classes aren't given in Japan yet. My son seemed to understand fully well. 001.gif


D.A.R.E._f0028323_6424356.jpg

D.A.R.E._f0028323_6431751.jpg

D.A.R.E._f0028323_6433454.jpg

by yumi-okazaki | 2009-02-20 07:00 | アメリカ記