岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:備忘録( 50 )

またまた引っ越し

 渡米以来、7年間で5回目の引っ越し・・・・

 一応これで最終の住まいにしたいと希望して、とあるマンションを現在改装中です。自分たちで設計できるメリットを生かし、壁も部屋もアールだらけ。額縁が浮いちゃって絵がかけられないかも(笑)。

 都内のマンションですがお庭がついているところが気に入りました。なんにも手をかけていないのに、可愛いお花がたくさん咲いています。

 
またまた引っ越し_f0028323_1143140.jpg

またまた引っ越し_f0028323_11431145.jpg


 引っ越しは辛いけれど、現在ダウンサイズにまい進していらないものを破棄しています。

 先週は高校の後輩とシャンパン1本、赤ワイン1本をオーギャマンハナレで完飲!1学年しか違わず誕生日は5カ月しか違わないけれど、美人で素敵な後輩と最高に楽しい時間を過ごしました。
 オーギャマン名物、壁の落書き。
またまた引っ越し_f0028323_11461756.jpg

by yumi-okazaki | 2014-09-11 11:47 | 備忘録

玉川の花火

 今年も玉川の花火大会をバルコニーから観賞。
昨年はたくさんの友人を招いて楽しい花火パーティーを企画したのですが、今年はリビングルームがこんな。
玉川の花火_f0028323_1124930.jpg


 3月に東京タワー近くの住まいを引き払ってその荷物の段ボールが未開封。なので、お客様をお招きできませんでした。とっても綺麗に見えたのに残念。
 
玉川の花火_f0028323_11263545.jpg


 二子玉川の再開発であまりよく見えない川崎側の花火
玉川の花火_f0028323_11274124.jpg
。右にあるビルは工事中の楽天本社。
by yumi-okazaki | 2014-08-23 20:21 | 備忘録

2月あれこれ

 ソニー教育財団の評議員を務めさせて頂いております。久々にソニー本社へ。 
2月あれこれ_f0028323_21172978.jpg
 社内、さすがセンス良く美しいデザインです。こちらの財団では「科学を好きな子を育てる」をテーマに毎年幼稚園・保育園、小学校・中学校から科学に関する論文を募集して優秀校(園)を表彰し助成金やソニー製品を授与しています。受賞校(園)の先生方の熱意あるスピーチに感動しました。ただでさえ忙しい先生と言うお仕事に加え「科学への興味」を引き出すためにたくさんの時間を割いて工夫をこらしています。そんな学校(園)の先生方はとても生き生きとされて美しかったです。授賞式と祝賀会に参加するのは実は初めてでしたが、もっと早く参加すれば良かったと後悔しております。たくさんの良き力を先生方から頂きました。
2月あれこれ_f0028323_21251222.jpg



 親しい友人から紹介されて日中友好のイベントの出演を依頼されました。日にちは確定していませんが4月の始めになる予定です。それぞれの祖父が中国国交回復に尽くしたことでヴァイオリニストの相知(おうち)明日香ちゃんと私、そして中国と縁の深い松山バレエ団の若いバレリーナの藤元さやかちゃん(お母様は中国の方)が出演する予定です。20代のふたりと写すと私は完全にお母さん。
2月あれこれ_f0028323_2111202.jpg

 プロデュースは陳燕生さん、日中映画協会の理事長でお父様は外交官。西麻布の中国大使館にお勤めになっていたそうで、私の祖父と何度も対面していたとのことでした。
 祖父が心から敬愛していた故周恩来首相が祖父に仰った言葉を今日また思い出しました。
 「日中の不幸な歴史は、数千年の交流の中でわずか数十年。これから子々孫々の未来があるのです」不幸な歴史年数を増やさないで素敵な未来が増えればいいのにね・・・

  詳細が決まりましたらホームページにアップしますね。
by yumi-okazaki | 2014-02-04 21:43 | 備忘録

20ン年ぶりに芸大へ

 東京藝術大学の大学祭「藝術祭」はいつも気が付くと終わってしまい毎年無念でしたが「今年こそ!」の意気込みで行ってきました。早速音楽学部の門の前で記念撮影。
 
20ン年ぶりに芸大へ_f0028323_21222954.jpg

 守衛さんのいる瓦屋根の不思議なミニルーム変わらず。テノール学生が数人でフニクリフニクラの替え歌を屋外でハモっていて藝大っぽいです。ずんずん行くも、早速迷う・・・何だか見たことない建物があってどこをどう行けば良いがわからない・・・第1ホール発見。しかし公演前らしく行列しており、中を見ることを断念。第1ホールは毎期ピアノ演奏試験を行った悪夢のホールなので中を見たいわけでもなかったのでスルーして、ともかく腹ごしらえと言うことでなつかしい音楽学部学食のキャッスルへ。
 わ~~~、私が通っていた頃と同じおじいさんが会計に座っている・・・わけないよね。(御存命のはずないので) 良く見たらその息子さんが当時のおじいちゃんに瓜二つになっていたのでした。嗚呼、世代を感じます。コロッケ、ハンバーグ・とんかつの盛り合わせにキャベツと白ご飯の定食、以前とまったく変わりません。なつかしくて涙が出そう!
  音楽学部がつまらないので美術学部へ移動。やーん、美味しそうな屋台食がたくさんあって、ちょっと悔しいけどお腹いっぱいなので食べられず。

 藝術祭名物の各学科別手作りおみこしを鑑賞。初日に上野商店街を練り歩いて最優秀神輿を住人の方にコンテストで選んでもらいます。今年の優勝作はこちら。
 
20ン年ぶりに芸大へ_f0028323_21311794.jpg

 その他こんなのも
 
20ン年ぶりに芸大へ_f0028323_21314875.jpg

 ピアノ科は彫刻家とのカップリングで神輿テーマはアステカの女性だそう。
 
20ン年ぶりに芸大へ_f0028323_2133131.jpg
 大きいし、細工の素晴らしさは流石です。

 油絵・デザイン・彫刻などの学生の作品展示会を鑑賞。私の頃の学生作品とあまり変わっていないことにちょっとびっくり。ひとつだけ違うとすればアニメ登場人物のようなモチーフが増えた点。きっとゲーマー世代なんだろうな~~、と嘆息。ともあれ楽しい一日でした。大学院を修了するまで足掛け8年通った末の卒業をして27年もたっていた、が~ん。
 
 先輩からの偉そう発言:
声楽科の飲食店の前で上手くない「夜の女王」をアカペラするのはやめてほしい、食慾なくなります。033.gif
 
by yumi-okazaki | 2013-09-11 21:47 | 備忘録

夏のあれこれ

 時差が苦手で1カ月くらい具合が悪くて頭がすっきりしませんでしたが、さすがにそんなわがままも言っていられず日常のあれこれをこなしていかなければなりません。

 ルース駐日米国大使のお別れパーティーに行ってみたり・・・
 
夏のあれこれ_f0028323_20364774.jpg
 
 そういえば次期大使はケネディー家のお嬢様で大変評判の良い方とか。世界情勢が益々混沌としている中でアメリカにとって「日本が大切だ」という意思表示でもあると聞きました。そのわりに日本の注目度が低いような気がしますが。

 ロシア大使館至近に拙宅があるために、一年に数回、家から車で出かけられない日があります。犬の散歩でも大変。猛暑の中、たくさんの公安の方やおまわりさんは汗だく、特に重装備の警官には頭が下がります。
 
夏のあれこれ_f0028323_20412785.jpg


 お盆は河口湖に行きました。息子が家の庭で花火。昨年買ったので絶対につかないと思ったら見事に綺麗な火花を散らしてくれました。さすが世界一の日本製花火です。
夏のあれこれ_f0028323_20585487.jpg

 
by yumi-okazaki | 2013-08-15 20:32 | 備忘録

アイアンマン 真壁廉 

 芸大の先輩で彫刻家の真壁廉さんの個展に行きました。鉄を使った数々の彫刻は世界的にも評価されています。鉄のアート作品を作るご本人はアイアンマンレースにもよく参加されています。

 鉄で制作した胸像、それぞれのドラマからメッセージが強烈に伝わってきます。家族で行きましたがみんながそれぞれに作品と交信。それが出来るアートに出会えた時の感覚って何とも表現しがたいですが、身体中の血がぞわぞわと沸騰する感じかな。

 
アイアンマン 真壁廉 _f0028323_22455573.jpg
真壁氏と私の後ろの作品は彼がナイロビに行ったときに出会ったストリートチルドレンの女の子が片っぽだけの大きな革靴を履いて、反対の足は裸足。その時真壁さんが感じた思いとは???実際の作品を観ると女の子の表情から様々な思いが伝わってきます。他の作品もそれぞれのドラマが顔の表情に強く表れています。(写真が今ひとつボケていてごめんなさい。ぜひ本物を見て下さい)

 実は我が家で一点求めることになりました。展覧会後にやってくると思います。到着したら写真をアップさせて頂きます!


 リサイタルに向けての練習やPR、その上息子の学校のイベント実行委員長も継続しており時間を取られる毎日で、アーサーが癒し。散歩中ブッシュに放したら、べたべたした葉っぱの枯れ葉が顔中についていました。わはははは、お腹から笑うことができて、ほんわか優しい気持ちになりました。
 
アイアンマン 真壁廉 _f0028323_2239841.jpg

 
by yumi-okazaki | 2013-01-20 22:49 | 備忘録

2013

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくおねがいいたします。

 と申し上げるにもすでに1月10日。「ブログ更新」はつねに頭に中にあるのに、北京から帰国してからは3月のリサイタル関係のことで忙殺され(言い訳006.gif)コンニチに至っております。
 昨年に引き続き新年は東京で迎えました。家の窓から東京タワーを見ながらカウントアップ57.58.59・・・.
 東京タワーに「2013」が電飾された瞬間。
 
2013_f0028323_22551384.jpg


 元旦は家族で新年の誓いを書きだします。だいたい5項目。私は昨年の5項目中、3個はまあまあ出来ました。あとの2個は本年も継続します。お恥ずかしいのでどんな誓いか言えませんが、ひとつだけ申し上げますと「肌を綺麗にする」でした。インフォマーシャルに出演させて頂いているお化粧品、アクアレイナを使い続けてパサパサの乾燥肌が驚くほど綺麗になりました。(誇張ではありませんよ) 浸透性に優れているので肌の奥まで水分が達して、みずみずしさを得ることができるのが特徴です。使う前とは比べ物にならないほどなめらかな肌をゲット。誓いひとつ達成!
2013_f0028323_234869.jpg


 一昨年までずっと新年が海外で親族に挨拶にも行かなかったので、毎日のように親めぐり。挨拶と言っても「ご馳走になる」のみ、しかもお土産を頂き、息子はお年玉を頂きほくほく。

 リサイタルは3月21日(木)午後7時 紀尾井ホールです。チケットが発売になりました。ぜひいらして下さい。

 
by yumi-okazaki | 2013-01-10 23:20 | 備忘録

ANA機内ビデオ 「翼よ、日中友好の懸け橋となれ」

 NY往復の全日空機内でふと見つけたドキュメンタリービデオ、「翼よ、日中友好の懸け橋となれ!」を見て泣いてしまいました。
 まだ中国に日本機が飛んでいないころ、上海舞踊団が日本公演から帰国するときに香港を経由しないで直行便で中国に帰国することを周恩来が提案してから始まったANA中国乗り入れへの熱い思い、そしてANA社員さん達の忍耐・努力がつづられたドキュメンタリービデオです。

 アモイ空港に飛ばした臨時便に着陸許可が降りなかったり、中国の航空局で建物にも入れてもらえなかったり、幾多の苦労を超えて定期便就航を実現させて路線を拡大してきた様子が綴られています。

 ご存じの方も多いと思いますし、若い方は知らないと思いますが、私の祖父はANA創始のメンバーで2代目の社長です。その岡崎嘉平太は外交官でも政治家でもありませんが日中国交回復に尽力し、1962年10月28日についに覚書調印。それから10年後に国交回復して今年はちょうど40年。

 政府が優遇してくれたり助けてくれるナショナルフラッグシップだった会社と違い、民間会社として発展していくことがどれほど大変か、このビデオでも良くわかります。中国路線に関してはANA社員さんのたゆまぬ努力で「一国一航空会社」の前提を覆して「日本は2社」とされたときの喜びも伝わってきました。

 年内いっぱい上映されるそうですのでANAに搭乗する機会がありましたらぜひご覧ください!!!

 覚書調印に向けた交渉当時、私は香港に住んでいました。日本から中国へ直接は入れないので祖父はよく香港に立ち寄りました。そのときの写真です。私は2~3歳でしょうか。
 
ANA機内ビデオ 「翼よ、日中友好の懸け橋となれ」_f0028323_12231965.jpg

by yumi-okazaki | 2012-07-06 12:26 | 備忘録

 「元気が出るピアノ演奏」

 親しくさせて頂いている著名な音楽プロデューサーM氏の奥様が昨年の9月2日に脳梗塞を発症され一命を取り留められました。まだ脳疾患を発症するような年齢ではなく私よりお若いと聞いておりました。幸いに認知障害がなく、M氏にささえられて半年間の辛いリハビリに耐えられて本日退院されることになりました。
 奥様がベッドで動けない状態から6か月、杖をついて歩けるようになるまで、二人三脚で努力をされている様子を時々メールで知らせてくれていました。
 その中で、私にとって涙が出るくらい嬉しいコメントを頂きましたのでご紹介させて下さい。奥様はまだ小さなボールも握ることが出来ずに手から滑り落ちてしまい、その訓練を何時間もなさっていた頃に下さったメールです。


 妻は未だ入院中ですが、順調に回復しています。
ある意味、入院を契機に彼女は一気に岡崎さんのファンになった人間です。
彼女はほとんど毎日岡崎さんの演奏を病院のベッドの上で聞いています(私も、彼女と一緒に iPodからヘッドホンを二股で出して聞いたりしています)。
彼女ほど岡崎さんの演奏のヘビーリスナーもいないのではないでしょうか(笑)。
特にお気に入りなのがリストの『Consolation』です。
今日も二人で「ピアノの音がすごく良いネ。いまどき、こんなに自然なピアノの音を出す人はいないネ』などと言いながら聞いていました。


 そしてこの曲を聴いているときに奇跡が起こりました。「何日も何度やっても出来なかった小さな細長い木片を指の間で回すことが岡崎さんの演奏を聴きながら突然出来た!」と話してくれました。

 正直にいいますと、私は音楽雑誌などを見るたびに「こんなにたくさんピアニストが演奏会を行っているのに、私がする必要がどのくらいあるのか?」と疑問を持ってしまうことが度々ありました。 リサイタルにいらした多くのお客様が「ゆみちゃんのピアノを聴くとすごく元気が出る」「いい気持になる」「疲れが取れる」と仰って下さるのを「お世辞」だと思っていました。しかし今回のことでM氏や奥様が仰って下さるような力が私の演奏に少しでもあると信じてみようかと思いました。ご夫妻に私がピアノを弾く意味を見出して頂きました。
 まだ具体的にどうしたらよいのかわかりませんが、「元気が出るピアノ」を生かせるようなコンサートを行っていきたいです。

 K子さん、退院おめでとうございます。そして、私のピアノ演奏への気持ちを良い方向に導いて下さりありがとうございました。 
by yumi-okazaki | 2012-03-31 12:08 | 備忘録

えっ、もう月末?

 新年の誓いもすでに危なくなってきて、あらま、もう2月のカレンダーをめくる頃になってしまいましたね。今年の秋はおかげ様さまで国内外でたくさんのお仕事を頂き、そのために1~3月は新レパートリーの練習をじっくりするつもりでした。

 が、物事は思い通りに行きません。息子の学校で57年続く保護者会主催の大きな行事の実行委員長となり、ピアノではなくパソコンや携帯に向かう日々を過ごしております。本番は3月17日、なつかしい80年代のダンスミュージックで体育館をDISCOに変身させる予定。クラシックバレエと歌舞伎の最高峰のパフォーマンス、著名アーティストから寄付して頂いたアート作品のオークション、どちらのブッキングも無事終わり、DJも決めました。今までのパーティー経験をフルに生かし、自分のお友達コネクションもフル利用(笑)。ちなみに親・先生・同窓生が踊り(まくる?)イベントです。

 気がついてみれば、息子のバースデイ、義母・義姉のバースデイも過ぎてしまいました。ディナー&ダンスの企画制作はピアノの練習よりもずっと楽しいですが、ピアノよりも時間的に忙殺されます。ともあれ、たくさんのお客さんが来てくれて、行事が成功してほしい!コンサートのプロデュースと変わりませんね。

 息子も14歳。ようやく勉強をちょびっとするようになり、ハイスクールミュージカルのオーディションに受かって大喜び!4月上演のミュージカルの練習で毎晩8時過ぎの帰宅。楽しい中学生活を過ごせて安心です。神様ありがとうございます。
 このブログで何度もアップしたバースデイケーキ。2012年14歳はこれでした。
 
えっ、もう月末?_f0028323_15574830.jpg

by yumi-okazaki | 2012-01-30 16:01 | 備忘録