岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

アメリカの2公演終了

f0028323_19152891.jpeg
 
コルバーンスクールセイヤーホールでのリサイタルも無事に終了しました。ニューヨークスタインウェイがすっかり好きになりました。土地柄が大きいと思いますが大胆で華やかに広がる気持ち良い響きに熱情もクロイツェルもとても良い出来だったと思います。
f0028323_19130985.jpeg
全日空の大橋洋治相談役よりニューヨークに続いてお花を頂戴して感激です。
f0028323_19133828.jpeg

アメリカのステマネさん達のやり取りもカーネギーホールで慣れていたのでスムーズにリハーサルから本番を終えることが出来ました。
f0028323_19172912.jpeg
今回のアメリカ2公演のお話が決まって半年あまり。腎臓病が悪化した我が家のペット犬、アーサーの看病と練習に終始した6ヶ月でした。ニューヨーク・ロサンゼルスとも既に高い評価を頂戴して感無量です。演奏を褒められたのはもちろん嬉しいですが、一番嬉しかったのは「(演奏はもちろん)プレゼンスが素晴らしかった!」と言われたこと。私の持ち味がこの地でもお客さんに伝わった事が特別に嬉しいです。
ゆっくりしたいところですが、入院中の我が家のアイドルを迎えに行くためにすぐ帰国します

# by yumi-okazaki | 2019-08-09 19:09 | コンサート

ロサンゼルス公演へ

カーネギーホールの成功を噛みしめる間もなく翌日は早朝に起きてニューアーク空港からロス行きのフライトに搭乗です。不思議と疲れた感じがしないのは、まだ気が張っているからでしょう。
アメリカ大陸横断は6時間ほど。
f0028323_18565796.jpeg
 
ロサンゼルス空港にカワイピアノが置いてあったのでリストのエチュードを幾つか弾いたら凄い拍手、いつの間にかオーディエンスが集まっていました(笑)。
f0028323_19041025.jpeg
到着後ホテルにチェックインした後、ホールのあるコルバーン音楽院で練習させて頂きます。共演者の石塚アレクサンダー君は現在こちらの3年生が終わったところ。1学年50人ほどしか学生がいません。全額奨学金の上に練習室も1人一部屋与えられるとか。ヴァイオリンコースの倍率は44倍!世界中から天才が集まるそうです。アカデミー賞会場のディズニーホールは斜め前です。
f0028323_19003616.jpeg
練習室は殆どがスタインウェイで一部がファッツォーリ、信じられない恵まれた環境!
f0028323_19022606.jpeg
壁には「腱鞘炎にならないために。ストレッチの方法」が貼ってあります、凄い!
f0028323_19055004.jpeg
さあ明日もベストを尽くそうっと

# by yumi-okazaki | 2019-07-19 18:54 | コンサート

カーネギーホール創業200周年でリサイタルを終えて

無事に終わりました!信じられない....今までのリサイタルの中で一番楽しかったかもしれません。
ガラガラかと思った客席は何とほぼ満席‼️ 9割はニューヨーク在住のアメリカ人の皆様との事で余計に嬉しいです。
本番での撮影が出来ないためリハーサル写真ですが、共演者のアレクサンダー・石塚ホッブス君も素晴らしい演奏でした。
f0028323_18424261.jpeg
クロイツェルソナタの息がこれ以上ないほどぴったりでした。年代の違いを超えて共にベートーヴェンの世界を模索し追求してきた7ヶ月がここで開花した喜びは大きいです。
f0028323_18443749.jpeg
今回トークは英語のみで2回、有名なカーネギーホールジョークをアレンジしたところではお客様が大爆笑して下さり、また本当に大きな拍手を送って下さり、とても暖かい気持ちになりました。
応援して下さった皆様、スタッフ、各社様に心より感謝御礼申し上げます。
ああ、終わった!(まだロサンゼルス公演がありますが)
f0028323_18485470.jpeg
ひとまず乾杯!


# by yumi-okazaki | 2019-07-18 22:34

カーネギーホール創業200周年記念でリサイタル リハーサルへ

楽屋にはアップライトピアノがありスタインウェイです。
その上にはなんどドヴォルザークが!共演者のアレックスの楽屋にはマーラーがいたようです。
f0028323_16260451.jpeg
そしていよいよリハーサル。撮影をするのでドレスを着てのリハーサルです。当然ながらニューヨークスタインウェイのフルコンです。かなり古い....と思いましたが弾いているうちにすごく馴染み、華やかで良く広がる音が気持ちいいです。
f0028323_16283259.jpeg
何とも言えない素敵な雰囲気!本番が楽しみになってきます。
f0028323_16294265.jpeg
f0028323_16301551.jpeg
そして予期せずニューヨークにもお花やプレゼントが届き嬉しいです。
f0028323_16314434.jpeg
f0028323_16321660.jpeg

# by yumi-okazaki | 2019-07-18 18:24

カーネギーホール創業200周年でリサイタル いよいよ

いよいよ当日が来ました!リハーサルは15:30からとの事。練習スタジオは共演者に譲り、ゆっくり落ち着いて楽譜で最期の確認をします。午後にはヘアメイクの水島裕作さんがいらして下さり日頃の本人よりずっと素敵にして下さいました。
f0028323_16100771.jpeg
親しくさせて頂いている編集プロデューサーの久本勢津子さんに無理に写真撮影をお願いしました。全員の名前をカーネギーホールに登録するので、皆さんそれを楽しんで・喜んで下さいました。明るい気持ちでホール入りします。
f0028323_16123859.jpeg
入り口を入るとすでにこんなポートレートが!
f0028323_16140300.jpeg
ガードマンに挨拶したり名前の確認を行ったりするといよいよ楽屋へ向かいます。
f0028323_16153615.jpeg


# by yumi-okazaki | 2019-07-18 15:07 | コンサート

カーネギーホール公演その2

今日も練習。思いスーツケースを持ったり(当然といえば当然)、移動の疲れが少しある気がします。頭も冴えないけれど持参したゼナを飲んでスッキリ。
チケットはいい感じに出ていますが、ガラガラだったらどうしよう、なんて考え始めると良くないのでまずは練習です。
f0028323_16000946.jpeg
当たり前ですが自分のコンサートの告知がちゃんと張り出されていて嬉しいです!
f0028323_16010895.jpeg
f0028323_16015102.jpeg
スタジオの行き帰りにカーネギーホールの横を通るのでついつい見てしまいます。(笑)
今日はハプニングがありました。朝から練習するも気持ちが悪く、それでも何とか続けていました。夕方共演者のお母様が来て「クーラー壊れているんだって?」と。高温の密室で練習して熱中症寸前だったのです。危ない危ない。ここまで来て公演をキャンセルする羽目にならず何とか無事だったことに感謝!

# by yumi-okazaki | 2019-07-17 17:57 | コンサート

カーネギーホール公演 その1

練習を終えた後には今回お世話になるご夫妻とディナーに行きました。息子の学校の大先輩です。ハーバードビジネススクールを卒業されています。拙リサイタルにニューヨーク・ハーバードクラブの会員様とそのご家族に多数ご来場頂ける事になりました。
息子の学校は同窓会の結束が強く、私は単なるイチ保護者でしたが創立60周年記念パーティーの実行委員長を務めたり、伝統的イベントも実行委員長を3期つとめ学校に貢献した事で色々な卒業生がとても良くして下さいます。本当に有難いです。
美しい奥様と美味しいイタリアンへ。
f0028323_15534673.jpeg
たっぷり頂き明日も練習を頑張ります!
f0028323_15544655.jpeg
f0028323_15550608.jpeg
f0028323_15552959.jpeg

# by yumi-okazaki | 2019-07-16 15:48 | コンサート

いよいよニューヨークへ

カーネギーホール公演のため、いよいよニューヨークへ向かいます。時差が苦手なので昼夜真反対のNYはかなり心配です。と思っていたら機内でぐーぐー寝られて案外体調は良い感じで夕方到着しました。
晴れ〜
f0028323_15401322.jpeg
ホテルはホールのすぐそばなので早速カーネギーホールを偵察します。
f0028323_15414032.jpeg
楽屋口は57thでまさに拙ホテルの並び。安心して練習場へ。ブロードウェイを超えて58thにあるスタジオを6時間ほど借りました。
f0028323_15445321.jpeg
KNABEと言うピアノ、初めてです。。もちろん家のピアノのようには行きませんが、鍵盤があるグランドと言うだけでも有難いです。気持ちが引き締まっているせいか集中して練習できました。

# by yumi-okazaki | 2019-07-15 18:37

懐かしいシアトル

シータック国際空港はシアトルとタコマをくっつけた命名です。そして2007-2009に息子とアーサー(拙ペット犬)を連れてタコマに住んでおり、せっかくなので色々訪ねることにしました。この辺りは雨で有名。息子の小学校に着くまでに見事に降りました。
f0028323_14405263.jpeg
当時よく行った和食レストランがピュアラップと言うところに引っ越して、わざわざ行ってみるとオーナーシェフのジャッキーが「YUMI-SAN!!!」とすぐにわかってくれて涙の再開。
f0028323_14424971.jpeg
この辺りにいらっしゃるおりはぜひどうぞ。寿司Ariです。https://www.sushiari.com/
今回は滞在中の予定が最後まで分からず、古い友人達に会えなかったのは残念ですが、小学校と住んでいたマンションと和食店に行かれて満足です!
その後ミーティングに戻り、恒例のお料理教室に参加するも、今年は帰国後作りたい気になるメニューではなく残念。
f0028323_14471420.jpeg
最終日はシアトル名物スペースニードルが貸切になり、ガラス床のタワーを満喫。アマゾン本社が来てくれたおかげでかなり潤うシアトル地区は改築されたり新しいビルができたり活気があります。帰国したらまた練習してアメリカ公演に備えます!
f0028323_14493424.jpeg
f0028323_14495494.jpeg
f0028323_14501895.jpeg

# by yumi-okazaki | 2019-06-10 14:37 | アメリカ記

シアトルで恒例のコンサート

東京公演リサイタルが無事終わり、各方面への御礼もそこそこにシアトルに来ました。9年前から或る国際会議でオープニングにコンサートをプロデュースしています。事情により3回抜けて今年で6回目。会議参加者とその伴侶の中で演奏者を募り、会議が始まる月曜前日の日曜夕方にオードブルとシャンパンをサービスしての楽しいコンサートです。
f0028323_14302258.jpeg
今年はハンブルグとヒューストンからピアノ演奏、シドニーからフルートのデュエットが参加してくれました。女性の奏者は現在はビジネスの世界で活躍されていますが、フルートをロンドンで勉強されオーケストラメンバーとして演奏していただけあり、プロな演奏!
ぴあのもベートーヴェンのワルトシュタインやラフマニノフなど、高度なレパートリーが満載。
f0028323_14321685.jpeg
私は最後に熱情を演奏してお客様にかなり喜んで頂けました。音楽っていいな、と思わずにはいられない素敵なひと時でした

# by yumi-okazaki | 2019-06-04 14:26 | コンサート