岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヴァイオリンコンクール

 3歳から応援している?16歳のヴァイオリニスト、石塚アレクサンダー君に頼まれてコンクールの伴奏をしました。演奏曲のヒンデミット:ヴァイオリン協奏曲はオーケストラにしてもピアノ伴奏譜にしてもかなり難しいため滅多に演奏されない作品です。伴奏の先生方が嫌がるのも無理ないピアノパートで私はいつになくきっちり練習しました。(いつもに増して、と言うべきか) コンクールの伴奏をするのは実は初めて。私が失敗したら本人に大変な迷惑がかかる、と思うと緊張もいつもの倍!
 小さなコンクールながら参加者はコンクール入賞の常連達で審査員も芸大の同級生の景山誠治さんや後輩の漆原啓子さん。二人とも日本を代表する名ヴァイオリニストですので、コンクールがしっかりしたものであるという証明になっているようでした。景山君(失礼、学生時代はそう呼んでいたので)は休憩時間にちらっと私を見て「50年ぶり」と。ちょっと待って、審査員が参加者と親しく話すのはまずいけれど、50年はたってないでしょ?(笑)

 アレキサンダー君はとても良い演奏をしましたが、高校の部第2位でした。コンクールは水ものなので、次回はぜひ1位を取ってほしいです。
 
アレキサンダー君、岩澤麻子先生と。
f0028323_20354249.jpg


f0028323_20444652.jpg

by yumi-okazaki | 2013-12-17 20:32 | 出演

Time in Motion

エルメス・モントル(時計)が100周年を迎えた記念に発売された時計の発表会を兼ねたダンスパフォーマンスとパーティーにお招き頂きました。
 
f0028323_16524780.jpg

 まず、有楽町フォーラムで特別に設置されたステージで有名なフランス人ダンサーのダビッド・ドルアールとサンドラ・サヴァンの男女ふたりによるダンス。それに馬の歩調をイメージした音楽と背景のビデオアート、天井から時計を思わせる円(丸)を描いた照明。これらのコラボレーションによる時の神秘を表現したパーフォーマンスでした。私は音楽家なのでどうしても音楽にばかり頭が集中してしまいがちなのが自分でも残念です。音楽は録音でしたが、バイオリン(実はビオラダガンバらしい、どちらにしても多分シンセサイザー)とピアノの2重奏はなかなか耳に心地よく、ダンスはベテランダンサーだけあって動きもなめらかでゆるぎなく美しかったです。
 日ごろ時間に追われる(いつもせかせか)生活の中で時間というものを考える良い機会でした。

 
f0028323_1705679.jpg

 フォーラムからハイヤーでマンダリンオリエンタルホテルまで送って頂き、洒落たフランス料理のBuffe、生演奏もスローなジャズでかっこよかったです。
 
f0028323_1715326.jpg

 母と久しぶりに出かけたのですが、フランス文化に触れ、美味しいフランス料理を頂き母も大喜び。親孝行ができて良かったです。それにしてもお客さん達のハンドバッグが凄かった(笑)。
by yumi-okazaki | 2013-12-11 17:06 | Party

ピティナでトークコンサート

 全日本ピアノ指導者協会、ピティナ=PTNA、では全国で470支部、4万人以上が「ピティナ・ステップ」と言う発表会に参加します。その中の市ヶ谷プルミエステーションでアドバイザーと演奏をしてきました。
 
f0028323_16293477.jpg


 先生方は朝10時に会場に集合し10時半から夜9時まで、160人(組含む)の演奏を4人の先生のうち3人がローテーションしながらステップ評価をつけて、それぞれの演奏に講評を書きます。何人も聴いているとだんだん鉛筆を持つ手が震えてきますが、参加者にとってはひとりずつの講評なのでいい加減に書くことはできません。

 ど真ん中の午後1時半から模範演奏???をしました。ドビュッシー2曲とショパンの舟歌。講評に偉そうなことを書いているのでミスタッチや低レベルの演奏をするわけにいきません。聴いている人は子供から大人まで皆プチピアニスト、結構プレッシャーがかかりましたが、まずまずの演奏が出来たと思います。ほっ”

 こちらの支部代表の梅村崇子先生の至れりつくせりのおもてなしで審査員控室には素晴らしいスイーツがふるまわれました。
 
f0028323_1633455.jpg


 好評の先生方、財満先生、三輪先生、長谷先生とパチリ。ご一緒できて光栄でした。
f0028323_16342759.jpg

f0028323_16344598.jpg

by yumi-okazaki | 2013-12-07 23:26 | コンサート