岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年一番?楽しかったコンサート

 12月25日、新宿文化センター小ホール「Shunya Christmas Concert 2010」でピアノを弾きました。Shunyaは「無名の新人抜擢」と言うNEWSでご存じの方があるかと思いますが、今、フジテレビ日曜日9時のドラマ「パーフェクトレポート」の挿入歌を歌い、レコチョク等で1位を続けて取っています。
 同じフジテレビで季節特番で放映しているハモネプ(ご存じない方のために:コメディアングループ「ネプチューン」が司会進行を務める、学生のためのアカペラ(ハーモニー=ハモ)コンクール全国大会)第10回大会で優勝した多国籍高校生チーム「センメ」のリードボーカルがShunyaでした。
彼は日本の大学に進学しましたが、メンバーのほとんどがアメリカ・カナダの大学に進んだためにチームは活動停止、ファンも寂しい思いをしていたところ、Shunyaのソロライブに冬休みで帰国したメンバーが出演してファンは涙を流して歓喜しました。
f0028323_20115328.jpg


 18歳、19歳の男の子と同じ楽屋で耳ダンボになってしまった私は「なんて、紳士的で素敵な大学生だろうと」と感心しながら彼らのお喋りを聞いてしまいました。
 私自身もExile,Chemistry, Dreams come true, などのヒット曲をShunyaの綺麗な声に生えるよう演奏するのが、もう楽しくて楽しくてしょうがありません。クラシック音楽は音をいじるなど完全に禁止ですが、こういうコンサートだと、いくらでも音を変えてどんどん良い音を探り当てて行けます。その作業も楽しいし若い男の子と仕事できるのも最高に楽しかったです(笑)。
 ある意味、今年一番楽しめたコンサートだったかもしれません。

 ShunyaそしてSenme、本当にありがとう!
f0028323_2017404.jpg
f0028323_20202792.jpg

by yumi-okazaki | 2010-12-26 20:22 | コンサート

難民を助ける会(AAR)&クリスマス

 ハイチ地震のためのチャリティーコンサートに出演させて頂いたのが今年の2月。アメリカ人バイオリニスト、アヤノ・ニノミヤさんを紹介されて彼女の才能と思いに深く共感しました。
 それから10カ月、世界中で色々な出来事がありすぎて、ハイチで苦しんでいる人たちが忘れられ始めている今日この頃ですが、アヤノさんが来日されてもう一度haitiの人々のためのチャリティーコンサートが開催されました。虎ノ門のJTホールはチケットが売り切れて満席のお客様。AAR副会長の加藤タキさんの鮮やかなMCでコンサートが進行します。
 バックステージで出演者の皆さまと写真を撮りました。
 
f0028323_19385753.jpg

 コンサートにご来場下さったお客様はチケットを買って下さっただけでなく、会場のチャリティーボックスにも寄付金をたくさん投入して下さいました。
 作曲家でピアニストの勳(いさお)美和さんがアンコールのクリスマスメドレーを編曲。3人のお子様を育てながら音楽活動を続けていらっしゃいます!
 
f0028323_19412550.jpg


 そして24日のクリスマスイブにはお友達で女優+アーティストの蜷川有紀ちゃん宅のXmasパーティーにお招きいただきました。友人でシンガーの麻倉未稀ちゃんや、茶道宗家の宗匠、建築家、世界的作曲家、音楽家、フードコーディネーターの方などが多数いらして、皆さんとっても魅力的で人格者!!! 楽しい時を過ごさせて頂きました。有紀ちゃんの個展は東京・大阪を始め各地で大成功です。バラと女性を主題に「バラメラバ」と言うショートムービーを制作+監督され、同じテーマで絵画・彫刻の製作を行っていて、それは鑑賞していて元気が出て、幻想的な世界に連れて行ってもらえて、嫌なことが忘れられる有紀ちゃんアートです。その作品の一部にお宅のアトリエで会うことができました。
 
f0028323_19474958.jpg


 私が学生時代よく遊びに連れて行って下さった(笑)先輩の建築家、H氏も有紀ちゃんと仲良し。実はこのパーティーのテーマが「きらきら、はではで」だったのでH氏はアンマンやイエメンでGETした民族衣装にてご来場!私はEscadaのキラキラトップでなんとか応戦?
 
f0028323_19495667.jpg


 素敵な人(有紀ちゃん)の周りには、素敵な人たちが集まる!そんなことをあらためて感じた一夜でした。ありがとう!Merry Christmas!
by yumi-okazaki | 2010-12-24 19:33 | 出演

PIAGETの新コレクション

 スイス宝飾の老舗、ピアジェ社の会長Yves Piaget氏とは20年以上のおつきあい。このブログでも何回がピアジェのご紹介をしています。毎年新作発表会が行われますが、今年のテーマはなんと「Jazz Party」!ピアノの鍵盤やジャズのスイング、女性シンガーをイメージした素敵な作品の数々で目の保養をさせて頂きました。(ジュエリーの写真はこちらにてhttp://www.youtube.com/watch?v=I5uU0_kNm48 )
 
f0028323_20415156.jpg


 お客様にふるまわれるお食事も音楽やスイングをイメージしたもの。マンダリンオリエンタルホテルが腕をふるったお料理です。
 
f0028323_20492530.jpg

 バルサミコソースで鍵盤を描いた前菜のサーモンとジュレ。
 
f0028323_20504540.jpg

 音符のマジパンが載ったティラミス
f0028323_20522642.jpg

 (主菜も素晴らしかったけれどあまりお食事中に写真ばかり撮るのも失礼なので写真がありません)。本物の宝石に才能あるデザイナーの技、その上豪華なお食事と言う幸せな午後を息子と過ごしました。息子の目が肥えすぎるのが心配だけど039.gif 
by yumi-okazaki | 2010-12-13 20:51 | Party

Paris雪で混乱

 パリは雪がどっかり降って交通は混乱。タクシーを呼んでも3時間待ちなので地下鉄で行動。
足元はびちゃびちゃですが、クリスマスの飾り付けに雪はぴったりです。
f0028323_1652862.jpg


 デパート内の巨大なクリスマスツリーを観光客が写真とりまくり。(自分もそのひとりだけど)
f0028323_16531847.jpg


 夜はなんとかたどり着いたレストランでお食事。シャンゼリゼ劇場の最上階ペントハウスをモダンに内装したLa Maison Blanch 英語に訳すと「ホワイトハウス」。ポーションが小さめで洒落たお料理の数々は残さず食べることが出来ました。
 可愛いデザート。
f0028323_1656572.jpg

 用事がほぼ終わったので買物のち帰ります。
f0028323_16584262.jpg

by yumi-okazaki | 2010-12-09 17:00 |

ファッションショーのちディナーショー、そしてなんと・・・

 厳しい景気の中、ブランドの多くがファッションショーを開催しなくなって数年たっていますが、3日に大規模なショーが行われました。ドイツ・ミュンヒェンから発したブランドESCADAのショーに行ってきました。最前列のお席を用意して頂き、生地の素材感までばっちり楽しめました。

 
f0028323_15184933.jpg
(このお手手は私の左となりにいらしたF.モレシャンさんのもの)
 とてもシックで上品なベージュや茶がたくさん使われていました。一方でショッキングピンクと鮮やかなオレンジを組み合わせた色使いも多く、私にとっては若いころ良く着ていたクリスチャン・ラクロワを思い出します。(今でもコンサート用のドレスが何着かあります。)
 
f0028323_1521840.jpg

 すごく綺麗で大人っぽかったです。
ショーはお昼だったのですが、夜は某社団法人のクリスマスチャリティーディナーでコンサートをしました。きちんとしたマナーを見につけて日本人として国際人として自信のある人間性を身につけるセミナーなどを催している法人です。寄付金はMake a Wish Japanに送られます。不治の思い病気の子供たちの夢をかなえる団体です。
 お客様は有名な評論家・プロデューサーを始め、世界で通用するマナーを勉強されている会員の方々で、音楽の聴き方を心得ていらして大変気持よく演奏できました。
 ま、私はあまり行儀が良くないので、ひやひやいたしましたが^0^。

 
f0028323_15303354.jpg
(社団法人の美しい理事長さんと)

 そして今このブログを書いているところは、クラシック音楽と子供たちに関する取材のためやってきた雪の積もるパリです。寒い!結構バタバタとした週です。
f0028323_1722257.jpg
f0028323_15373028.jpg

by yumi-okazaki | 2010-12-04 15:11 | 出演