岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Kaleidoscope 無事終わりました

 
f0028323_1526730.jpg
紀尾井ホールのソロリサイタル「Kaleidoscope」が無事終わりました!
満席の紀尾井ホールでお客様から暖かい大拍手を頂き、本当にほっとしました。

 そもそもなぜこのリサイタルに「万華鏡~Kaleidoscope」と名づけたか???

 答えは以下の当日のプログラム抜粋:

 1989年の9月21日にデビューCDの発売に合わせて御茶ノ水のカザルスホールにてリサイタルを開催しました。ロビーでは協賛のグランマニエやヤコブス・スシャールのカクテルやチョコがふるまわれ、華やかで楽しいイベントとなりました。後日の専門誌の評に「協賛企業の商品やCDが並び騒がしくて心配したが演奏はしっかりしていたので安心した」とあり苦笑いしました。
 「華やか」と「楽しい」は私が演奏会において一貫して心がけてきたことです。音楽を学問ではなくエンターテインメントとして、また自分をピアノ演奏研究者ではなくミュージシャンとしてお客様に楽しんでもらいたいという気持ちで20年続けてきました。
 そして常に新しい試み、違った角度からのアプローチに挑戦もしました。ふり返るとそれは「Kaleidoscope~万華鏡」のようだと思っています。アメリカでの経験では新しい鏡を加えたと思っております。
 本日のリサイタルでは前半に最も敬愛するふたりの作曲家によるピアノソナタを、私の礎であるクラシックピアノの世界で真摯に表現したいと思います。そして、後半は私の様々な面を音楽と言う大きな世界で輝かせたいと準備してまいりました。またアメリカ人作曲家による素晴らしいクラシック音楽を広く紹介していきたいと考えております。
 岡崎万華鏡をキラキラと輝かせて皆様に色々な角度をお楽しみ頂けましたら大変幸いです。今後ともどうぞご指導と応援のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 005.gif実は後半、息子がサン=サーンスのアヴェマリアをラテン語で歌いました。声変わり中なので、今年が最後のボーイソプラノ。結構ステージがなごんでお客様には好評でした。

 そして・・・私は歌手デビュー、恥ずかしながら。声楽はちょこちょこ勉強していましたが、この2年アメリカで素晴らしい先生に恵まれて毎日おけいこしてきました。だからと言って、イタリアオペラを歌うのは20年勉強してきた人に失礼。私の役割は「アメリカの珍しいクラシック名曲」をご紹介することと考えて、Nils, Hageman,Barberそして Gershwinの4曲を歌いました。上手い下手は別として、ピアノみたいに緊張しないわ・・・なんか楽しいわね、歌って。で、最後のガーシュウインでジャズピアノもちょっぴり披露しました。間を開けずにアンコールでクラシックピアノに戻して「革命エチュード」「月の光」で幕を閉じました。

f0028323_15262475.jpg

 リピーターのお客様の期待に答えるため毎度努力と工夫が辛い毎日でしたが、本当に喜んで頂けたみたいでリサイタルやって良かったです!


 以下はお客様の声の一部:身に余るお言葉、皆様本当にありがとうございました。
*「クラシックでこんなに楽しかったの初めてかも~」
*「しっとりと歌い上げる表現力がすごい!」
*「ゆみさんのショパンは特別の香りがする」
*「「息子さん、か・わ・いい~!」
*「背中の筋肉、美しい~!」
*「輝く笑顔とますます磨きのかかった腕前で、本当に素敵だった」



 
by yumi-okazaki | 2009-11-29 12:38 | コンサート

作文が苦手

 息子が作文コンテストで学校内だけど6年1位を取りました!
これをブログに載せる「親ばか」さはいかがなものでしょうか?と自問しつつも、あんまり嬉しくて書かずにいられません(すみません)。

 と言うのも、息子は書くのが大嫌い+当然苦手、で小学校に入学してから今まで作文で褒められたことがありません。たくさんの子が載る文集にも一度も載った試しがないし。クラスで日記を読んでもらったこともなし。だいたい書くのが大嫌いで面倒くさそうに書きなぐるので汚いし。

 「書く&読む」は一体なので、当然本を読むのも大嫌いでした。でも、ここのところ新しい学校で毎日欠かさずに約30~40ページ本を読まなければならず、他の宿題の山を片づけてから最低20分は声に出して読み、それからさらに20分黙読。始めは1分に80ワードしか読めなかったけれど、今は125ワードくらい。知らない間に力がついたかも。

 で、お題は「現実の向こう側を読む Read Beyond reality」。息子は「冷蔵庫で廃棄処分を待つ、しわしわトマトと腐りかけの肉がハンバーグに」って言うコメディのお話を創作。受賞時の先生評は「ほとんどの生徒が、怖いお話を書きました。でも(息子は)コメディーと言う斬新な発想で素晴らしかったです」だったそう。

 う~~~ん、日本の学校でこんな評価ってされるかな?ひとり変わったことをするとたいていは評価どころか書き直しよね?とまれ、少々個性的な息子にとって初めての書き物での高評価は親子とも舞い上がる嬉しさでした。

 
f0028323_8393136.jpg


 最近SQUASHを始めました。ボールが全然はずまなくて、テニスのような感じでやると調子が外れます。テニスコートが少なくて使用料が高い日本にはうってつけ…と思ったら、コートにはふたりしか入れず、むしろ非合理的なスポーツかも。まだ、下手なのでたいした運動量にはなりませんが、ウマいおじさんなどのプレーを見てると激しいです。
 
f0028323_842485.jpg


 やっと日本語に変換できました。今回も始めはどうしても変換できなかったのですが、右下のアイコンを色々いじってからもう一度変換してみたら・・できた・・・なぜか不明。でも、米国友人たちから前のブログ消すなと言われたのでそのままです。ごめんなさい。
by yumi-okazaki | 2009-11-10 08:47 | 息子

Recital

I finally had a time for my blog and my PC doesn't show Hirakana007.gif.
Well, I will change into Japanese when it's fixed.
Oh! No! It's already three weeks to go before my piano recital.
Please cross your fingers for my success at the recital.
Tickets are still available, so please call "Bell World Tickets, Ltd.".(03-3222-7801)

I am on an exclusive monthly womens' magazine,"STORY" by Kobunsha.
f0028323_1611031.jpg


These are the recent pics.
Arthur is just fine. The biggest hair ever003.gif
f0028323_1434155.jpg

My son's school had an anual Bingo Night. There were SOOOO many kids and adults but it was really fun.
Finally my son won the prize but that was for a girl. He got a pink i-Pod and fancy cosmetics. He says he will give those to his girl friend when he has one. (When is it???)
f0028323_14415696.jpg

I was invited to a french dinner by the Mukoujima Rotary Club members last night and had beautiful vintages. I will make a speech at this club next week. (not about a wine though003.gif )
Champagne= Josef Michel 2000 is made by the same way in 18th century.
Red= St.Emilion Monbousque Grand Clu 2002
and this Marc of Bourgogne.
f0028323_1439135.jpg

All bottles were very very very good. I was careful not to be drunk but why not with these vintages.016.gif
I think I will not have a fancy dinner any more till I finish my recital.
by yumi-okazaki | 2009-11-06 14:54 | コンサート