岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:犬( 10 )

左目も手術

 アーサーの左目があっという間に白濁して手術しました。前回の右目で懲りているのでかなり注意していたのですが、あまりに急性進行で受診したときには手遅れ寸前でした。難しい手術で成功率5割とのことでしたが目の中は綺麗になりました。破れた嚢(水晶体に入っていた袋)がどのように影響するかまだ未知の部分もありますが、ひとまず成功。ステロイドの影響で大量のおしっこ、水をがぶ飲み、私は一日に18回も目薬をさす毎日が続いています。
 御蔭さまで元気で食慾旺盛です。眼球摘出などにならず本当によかった!本犬も頑張りました。
f0028323_1694272.jpg


 母の誕生日祝いに久しぶりにアピシウスへ。フランス料理店がたくさんある中で「さすが!」と感じる本格的なお店で、25年変わらず日比谷にあります。ランチでも最高のサービスとお味でした。20代の頃、パリの本店で緊張しながら食事をしたのがなつかしいです。マダムが飼っていた大型犬に好かれてウエイティングバーで抱きつかれたのも良い思い出です。
 
 白身魚のパイ仕立てはソースが濃厚にもかかわらず重たくありません。
 
f0028323_16162858.jpg


 デザートではホワイトチョコレートに母の名前を入れて下さいました。
 
f0028323_161725.jpg

 
 当の母は、孫の「おばあちゃんお誕生日おめでとう」カードに大喜び。私からの「お母さんおめでとう」カードには旅行の御餞別が入っていたので大喜び011.gif 楽しい午後でした。
by yumi-okazaki | 2013-06-13 16:21 |

抜糸

 御蔭さまでアーサーの目がほぼ完治しました。治りが早く予定より1週間早く抜糸できたのです。一時は失明かもしれなかったのに、本当によく頑張ってくれました。マスナガ先生もとても丁寧な説明とケアをして下さり感謝しております。ペットの目でお困りのときはこちらへどうぞ001.gif http://www.masunaga-vet.net/

 実は手術の日にアクシデントがありました。アメリカから帰国して1週間で引っ越ししながら秋のツアーの練習にアーサーの発病と手術。相当疲れていたのでしょう。ペット保険に入っていたので手術代金が大幅にカバーされて「ラッキー!」と思いながら病院の駐車場から車を出すときにガギガギガギ~~~。思いっきりブロック塀にこすりました。あ”あ”あ”~~~~~~。結局保険で取り戻した額より高い修理代がかかりました007.gif アーサーがまた両目で見られるようになったのだから良しとしましょう・・・

 こちらは修理中に借りた車。すご~く運転しやすいです。結構気に入ってしまいました。
f0028323_21295820.jpg


 ともあれアーサーにも笑顔が(?)戻りました。また見えるようになって本当に良かったです。
f0028323_21305921.jpg


 和光堂プレゼンツ岡崎ゆみファミリーコンサートまであと一息。今年も素敵な作品が満載、私のホームページトップのアイコンからぜひ申し込み下さいね。
by yumi-okazaki | 2012-09-26 21:37 |

若年性急性白内障

f0028323_2140150.jpg
 
我が家のアイドル、アーサー(ビションフリーゼ雄、6歳)が突然白内障になりました。こんなになるまで誰も気がつかないなんて・・・私がもっとよく観てあげていたら、と後悔の気持ちでいっぱいです。
 前の日まで黒目だったのに朝起きたら右目の中心が真っ白です。いえいえ、きっと兆候があったに違いないのですが気づいてあげられませんでした。

 動物の目の専門医を探すも、始めに電話した世田谷区内の病院は高飛車な応対、しかしながら流行っているらしく「9月12日以降になります」と。そんなに待っていられません。
 紹介で電話した浜田山のマスナガ動物病院が快く受けて下さりかけこむと、すでに右目は見えておらす、炎症がひどく一刻を争う状態。炎症がピークを超えて戻ってくるまで待ってからという選択もありましたが他の危険も多く、今リスク承知で手術することにしました。抗炎症投薬を2日して、昨日手術しました。

 先生からとても詳しい説明をしていただき難しい手術だったことがわかります。白内障は綺麗に手術できたそうですが、他の問題で人口水晶体を入れられませんでした。網膜はく離などを起こさなければ遠視にはなるものの見えるようになるそうです。明日面会に行きます。どうか見えるようになりますよう!!!

 
f0028323_167444.jpg

(こちらは発病前、元気にジムに通うアーサー←うそ)

 
by yumi-okazaki | 2012-08-31 16:08 |

アーサーが女性誌に!

 我が家のアイドル、アーサーが月刊女性誌にインタビューを受けました。037.gif

 まあ、彼は喋れないので私がインタビューを受けたわけですが…
 アーサーも気がつけば6歳3カ月。1歳でアメリカに渡り3歳で戻った「帰国子女」。普段とっても優しい子ですが、たまに預かってもらっていたブリーダーさん宅でイギリスから来た同犬種と一度だけ大喧嘩!アメリカ帰りはイギリスから来た子が大嫌いなのかも、と家族で笑っていました。今は別のトレーナーさんのところにお泊りに行きますが、一度も犬と喧嘩をしたことなく、とても仲良くやっています。

 たまにお腹を壊したりしますが、基本的にはとっても健康で性格も穏やかな良い子です。アーサーの実家(生家)が獣医さんなので予防注射のたびにお母さん、妹、弟、甥っ子などに会えます。

 そんなアーサーが光文社のHERS4月号の巻頭ページに載ります。3月12日発売!

 下は最近のアーサーです。
 
f0028323_12224375.jpg
f0028323_12232353.jpg
f0028323_1224325.jpg

 
by yumi-okazaki | 2012-02-26 12:26 |

ショパンソナタ Op.58

 先週の木曜日に人生で初めてショパンのソナタ第3番を弾きました。
この作品は高校生のときから大大大好き、なのに何故か手をつけなかったのです。「いつか大人に女性になったら弾くぞ」と誓って以来、同級生や演奏家達の演奏を何度も何度も聴いてイメージをふくらませてきました。ちょっと大人になり過ぎちゃったけれど012.gif、先週「三田倶楽部」の特別例会のゲストに招かれて初めて演奏しました。

 練習を初めて多分半年くらいかな?まるで曲が私に「こう弾いてくれ」と言っているように、楽譜を読み進めるたびにどう弾くかのイメージを鮮明に感じます。まあ、感じたからって実際に表現出来るかって言うと・・・とても高度な作品だけに指がついてきてくれない箇所が満載。008.gif

 コンサート会場は家庭用のヤマハグランドピアノで細かい表現まではできませんでしたが、初演としてはまあまあな出来だったと思います。倶楽部会員の皆様の温かい反応もありがたかったです。11月25日のリサイタルまで、まだまだ頑張って磨かなくちゃ!

 アーサーはコートがたっぷり+長め、で見た目は可愛くたくさんの道行く人に「わぁ~~、ぬいぐるみみたいっ!」と言われています。が、毛玉にならないようブラシが結構大変039.gif

 
f0028323_15145628.jpg
f0028323_1517447.jpg
f0028323_15172364.jpg

by yumi-okazaki | 2009-09-22 15:20 |

エリザベスカラー

 アメリカは犬フレンドリーな国。ワシントン州のレスキュー犬の里親&犬縁組率は98%、つまり行政処分される犬はわずか2%と言うのは本当に感心します。058.gif058.gif058.gif

 しかし、先日アーサーがhot spotになり、同じ場所数箇所を舐めたり掻いたりして毛が抜け血が噴出し、ついにエリザベスカラー(エリザベチアン・カラー、こっちではコーンって言ってますが)を着用することになりました。こちらの動物病院で与えられたコーンはごわごわで何も見えず、いくらなんでも直径が長すぎるシロモノ021.gif027.gif これじゃ可哀相過ぎる。しかし獣医はこの長さが絶対に必要だと言い張ります。
f0028323_6383180.jpg

f0028323_639096.jpg


で、帰国のついでに広尾のダクタリ病院で分けてもらったのがこちら。透明、軽い、短い。
f0028323_6315421.jpg

いかにアメリカの動物病院が時代遅れのカラーを使っているかおわかりになりますよね?ひとまず、別の病院に転院しましたが、そちらでもカラーはあまり良いものを使ってませんでした。

 何のアレルギーか特定できないので、まずフードを動物病院処方フードに変えました。魚とポテトしか入っていません。でも、おいしいのかバクバク食べていてほっとします。サーモンオイルの入った缶詰も魚のみ。おかげ様でかなりよくなり、毛をそり落とした部分もはえ揃ってきました。
f0028323_6353445.jpg

by yumi-okazaki | 2008-11-30 06:38 |

実の妹がメジャー&ブレイク

 Kirin "Fire"のCMで大人気の犬泉くんこと、クララちゃんはウチのアーサーの実の妹でございます。クララちゃんのお母さんジョーちゃん、兄弟のバッハ君がクララちゃんとともに暮らし、近くに兄のアムス君、ロンドンにお父さんのブラウ君が住んでいます。で、アーサー(血統書上の名前はアクエリアス)がワシントン州、と言うわけ036.gif043.gif045.gif043.gif
f0028323_835962.jpg


 Kirin "Fire"  
by yumi-okazaki | 2008-04-28 12:13 |

さあ~~?

 我が家のアーサー(ビションフリーゼ雄、1歳7ヶ月)は、「お散歩?」「ごはん?」など、質問を投げかえると、「さあ?」と首を傾げます。
f0028323_13273064.jpg
f0028323_13274860.jpg
f0028323_13291087.jpg

by yumi-okazaki | 2007-06-27 13:27 |

ドギーパーク

 犬がいると、いなかった頃のようにどこのレストランでも入れると言うわけではありません。子供がやっとまともなレストランにも行かれるトシになったとたん今度は犬・・・。でも、河口湖は比較的犬に優しい町。代表的施設は何と言ってもインター降りて富士スバルラインをちょっと上った所にあるドギーパーク。そこのレストラン「シルバンズ」はテラス席が犬と食事可能。わんこケーキやわんこ用ミルクとお菓子なんていう犬用メニューもあり、雨さえ降っていなければゆっくりお食事可。
 で、園内は有料でドッグランが5~6種類あり、その他、子供が楽しめるジャンボ滑り台などもあり。これはプラスティックのスレーを借りて大きな坂道をすべり降りるタイプで、息子も何回もチャレンジ。小さなお子さんにもメリーゴーランドや遊具がたくさん。小型犬専用のドッグランなどもあり、大きな犬が苦手なわんこも遊べます。
 ウチのアーサーは犬が大好き。ドッグランではどんな種類の犬にでも近づいて行って、かけっこしたり遊びたくてしようがない。だけど、犬も人間同様、性格様々で臆病だったり、犬嫌いだったり。でも、基本的にドッグランのマナーとして、迷惑をかけないで遊べる犬しかきてはいけないそうで、今のところかまれたりしたことはありません。
 今日はミニチュアダックスとチワワを2匹ずつつれた若い御姉さんがいたのですが、その1匹ずつが吼える吼える。アーサーはあまり吼えないから「うるさい~~~」。特にダックスが私の顔を見ながらしつこく吼えて、犬は好きだけどさすがに「かわいくないっ!!!」と思ってしまいました。
 たっぷり遊んで山荘へ。

f0028323_13402431.jpg
by yumi-okazaki | 2006-06-03 10:15 |

犬がきた

年度末・年度初めはなんだかんだと大忙し。そんな時に息子念願の犬がやってきました。4ヶ月の子犬で、ビションフリーゼという犬種。 今から20年近く前、独身の私に「捨て犬の里親になって」という話がきました。近くの獣医さんに行くと本当にかわいくて性格のおだやかなビションちゃんが大きな黒い目で私を見ます。しかし当時「不動産と動物をかった女は一生独身」というジンクスがあり、心を鬼にして帰宅。以来いつか犬を飼うならビションフリーゼと決めていたのです。
 覚悟はしていたけれど、結構大変・・・。こちらも初心者、あっちも初心者で遠慮しながらのつきあいも3日目くらいから無遠慮に(笑)。私は家を片付けてすっきり綺麗な状態にすることが何より大好きです。ちょうど「片付けられない女」の反対で「片付けすぎる女」。紙くず一枚なんてどんどん捨てちゃうから、息子の学校のプリントはその日のうちに破棄する。と2~3日たって「サインして返却」なんていわれて汗。
 犬の登場以来、一番辛いのはピアノのしたにある円形の素敵なシャギーの絨毯に彼が粗相をしてしまうので、新聞紙をひいたこと。何が悲しくて真っ白なカーペットに日経新聞が散乱するのか・・・(泣)。これもトイレトレーニングが一段落するまで、と我慢するのも限界。渋谷のTOA(布地屋さん)でZEBRA柄の安~~い生地を買ってきて新聞紙と交換。ちょっとはマシになりました。あちこちガジガジするし、ペロペロするし・・・。スタインウエイのピアノだけは、苦味スプレーをかけて死守!f0028323_1359440.jpg
by yumi-okazaki | 2006-04-13 17:35 |