岡崎ゆみの『ピアニスト備忘録』

ブログトップ | ログイン

カテゴリ:コンサート( 65 )

サントリーホール大ホールで笑いを取った!?

 池田理代子さんプロデュース、炎のマエストロ小林研一郎氏指揮「真夏に第9を歌う会」のオープニングでベート-ベンの月光のソナタ全楽章を演奏しました。
 実を言うとサントリーホールの大ホールでピアノソロを弾くのは初めてです。2000人規模の他のホールは何度も演奏していますが、サントリーは学生時代にイギリスの室内管弦楽団の通訳アルバイトしたときにウロウロしました。楽屋に馴染みがあるので司会とかソロ以外の演奏をしたことがあると思いますが、それも随分昔。

 さすがサントリーホール!楽屋がイケてる。使いやすいです。駐車場からもステージからも導線が良くて、受付の守衛さんもいい感じ。そしてブタカン(舞台監督)が尊大で感じ悪いのも(笑)、「流石!殿堂」の雰囲気に一役買っていて?腹が立つどころか「アンタ誰?」目線にむしろブラボー!ここのスタッフとして藝術高校の同級生が長年働いていたけど、もういなかったのは残念でしたが・・・

 マチネのコンサートなので第9のリハーサルが終わった12:30からピアノのリハで2時開演。チャリティーコンサートですべてのチケットから北朝鮮の拉致被害者の会活動資金のために1000円を寄付し、10年も続いています。

 さすがにホールが大きい。
f0028323_15171946.jpg

 音の響きがよくわからなくて困ったな、と思っていたら松尾楽器の調律師、小谷さんがすごく親切にアドバイスしてくれました。しかも「とても綺麗に響いています」と太鼓判を押してくれたので安心しました。小谷さん、ありがと~~~!

 「華やかにしてきてね」と理代子さんに言われたのでシルバーの総スパンコールのドレスを選びましたが、その後の第9のソリストである理代子さんと郡愛子さんのドレスより地味でした(笑)。歌手の方のドレスは本当に華やか、素敵です。

 さあ、いよいよ本番。笑顔でどうどうとステージに出たら・・・・いつもないはずのオーケストラ用の段差がたくさんあり!最後の一段に気付かず・・・・コケました・・・一瞬で体勢を整えましたが、ひゃー、恥ずかしい。
 生まれつきおっちょこちょい(死語)なので、こういう失敗はあんまり尾をひきません。気を取り直してソナタ作品27の2、全楽章、完奏^0^。
f0028323_15245592.jpg


 舞台袖に戻るとき、さっきコケたところを「指さし確認」して2000人のお客さまの笑いを取りました!舞台袖では第9ソリストの錦織健さんから「おいしいところ取ったね」と褒められ?ました。日フィルの女性マネージャーさんからは「素晴らしい演奏でしたし、とても勉強になりました」と。いつも世界一流のソロピアノを聴いている方からそう言って頂けたこと、素直に大喜び!!!

 そして一番嬉しかったのはヨーロッパ留学時代にお世話になったマエストロ・コバケンから「第3楽章さすが!見事だった」と言われたこと。わ~~~い、フロリダで頑張って練習したかいがありました。
 しかし、サントリー大でしゃべらず笑いを取るピアニストは私くらいでしょうね・・・・

 

 
by yumi-okazaki | 2012-08-13 15:03 | コンサート

長崎県佐々のさざなみ保育園

 長崎県佐々のさざなみ保育園でファミリーコンサートをしてきました。
園内のフィンランド製のドーム型ログハウスが多目的ホールになっていて、グランドピアノを搬入して頂いて約70分の演奏会をしました。園長先生は昨年9月から楽しみに準備して下さり、私も気合が入ります。
 御蔭さまで保護者も保育士さんも子供たちも大喜びのコンサートとなりました。長年乳幼児向けのコンサートをしているのですが、最近まずまず絶好調←(自画自賛041.gif

 豪雨も開演までにやみました。
 
f0028323_11575945.jpg


 初めてのハウステンボス。別荘にクルーザーと言う夢のような内部もあり。
 
f0028323_1158417.jpg

ご存じの通り、一旦は廃墟となっていたのをHISの沢田会長が救って、この日も観光バスが10台以上来ていました。行政や金融機関が運営してどうしようもなくなったものを、優秀な人が関われば見事復興できる。う~~ん、色々考えさせられます。
by yumi-okazaki | 2012-06-19 12:05 | コンサート

北京コンサート

 北京でコンサートをしました。5年前にANA北京就航20周年で演奏させて頂いてから5年しかたっていないのに町はものすごく変わりました。ブランド品のお店がボコボコできて、高層ビルが乱立。スモッグのため晴れの日も曇り、などなど。
 
f0028323_11251430.jpg
f0028323_11255541.jpg


 初めての万里の長城
f0028323_11264397.jpg


 トイレが汚かったのも今は昔。最新の人気レストランのトイレは贅とセンスを尽くしてこんなふう。
 
f0028323_1128839.jpg
f0028323_11282342.jpg


 英語の通訳は英語がネイティブ並みの発音で日本語の通訳もほとんど訛りがありません。どちらも留学したことないと聞いてびっくり。

 そして、9歳の天才ピアニスト、フローラ・チャンがぜひ会いたいって言ってくれて(ホンマかい?)彼女のお母様・先生と写真撮影。私より手が大きい013.gif 指がすごく長いです。ベートーベンのソナタを聴きました。マシンのように完璧に精密に弾くのかと思ったら、ちゃっかりいくつかドンとミスタッチがあってちょっとほっとする(笑)。
 最年少で北京音楽院入学だそうです。将来楽しみです。
 
f0028323_1143432.jpg


 最後は紫禁城でパーティー。
20数年前にピアノコンチェルトを弾きに来たときと別の国のようでびっくりしました。きっと、日本の戦後復興で20年ぶりに訪れたアメリカ人も同じようにびっくりしたのかもしれませんね。

f0028323_11514359.jpg

by yumi-okazaki | 2012-05-25 11:20 | コンサート

本場オペラのプリマと共演

 震災のため2011年から延期になっていた「マヤ・ネリーニ、オペラの夕べ」がようやく行われました。

 プログラムはトスカ、蝶々夫人、ラ・ボエーム、ジャンスキッキ、ルサルカ、フィガロ伯爵夫人、それぞれの一番有名なアリア、”おいいしい”曲ばかりです。昨年と異なりフルーティストのご主人も来日とのことでフルートの楽譜も送られてきました。ソロのアリアは続けて歌うのは喉にかなりの負担があるらしく、フルートと私のピアノソロをはさみながら1時間40分(休憩入れて)のコンサートです。

 月曜日は拙宅でリハーサル。思ったよりお若くて綺麗な金髪と「若いころはさぞかわいらしい美人さんだっただろう」とわかる御顔立ち(失礼・・・・)。声も全盛期は過ぎたものの、一番難しいとされる高音のピアニッシモが軽々出ます、しかも綺麗な声!038.gif 

 しかし!!!013.gif 今まで結構ソプラノと共演しましたが真面目に歌う日本人が中心でした。マヤの歌はまるでセリフ・・・リズム無視025.gif。 音符の長さに関係なく自分が伸ばしたいと思ったらずーっと伸ばして、さっさと行きたいところは有り得ないくらいかっとばす。最初は私も口あんぐり。でも2回目はほとんど根性で合わせました。さすが(自画自賛)、直感型音楽家(← こつこつ練習したり勉強したりが苦手です・・・)。それぞれの曲を2回ずつ練習して、フルートも問題なく合わせて本番へ!

 本番初日は東京独逸学園。神奈川県にあり簡単に言うとアメリカンスクールのドイツ版。ひ、ひろい!!!それにさすがサッカー大国。サッカーフィールドの手入れが最高です。
f0028323_16171475.jpg

 原発事故後に生徒が激減し、少しは戻ったもののまだ6割程度とのこと。

 リハーサルの時に時差で眠れず声が出ないと言っていたマヤはこの日、もっと具合が悪いと主張。しかし何とか蝶々夫人以外を歌い切りました。そしてドイツ学校の保護者や先生には私のラ・カンパネラとショパン;ワルツ遺作がものすごく受けました!わーい
 
f0028323_16195711.jpg


 翌日はスイス協会主催でミッドタウンのオークウッドアパートメントロビーでディナー付きのコンサート。スタインウエイのなかなか味のあるピアノをレンタル。マヤはますます「具合悪い、歌えない」と繰り返すばかりでリハーサルもほとんどせずの本番でした。それでも流石往年のプリマは表現豊かにそれぞれのヒロインになりきってアリアを歌い切りました。「調子悪いから2度さげて」(←例:ト長調を変ホ長調に即興で替えて弾く)とか、本番舞台の上で「もう一曲歌います」といきなり知らない曲の楽譜をピアノの譜面台にポン、とおかれたり(笑)。歌の伴奏は結構スリリング031.gif

 でも、振り返ると結構楽しかったです。イタリア語やフランス語の発音が本当に綺麗でした。2日目は池田理代子さんやバリトンで活躍中の村田孝高さんが聞きにきて下さり、「マヤの表現力、そして完璧に合わせたゆみちゃんの伴奏」を褒めて下さいました。お客様がお帰りになった後でおふたりとマヤ、御主人、スイス協会のメンバーと飲み直しました。お疲れ様!

f0028323_16252230.jpg

 
by yumi-okazaki | 2012-04-19 16:04 | コンサート

Merry Christmas

 本年最後のコンサートは調布で行われた「岡崎ゆみ&Buzz 5」公演でした。金管五重奏との共演は初めてでピアノの音とのバランスを心配しましたが、以外とピアノの音もちゃんと聴こえて、もりだくさんのプログラムに私自身もお客さまも大満足!
 若い人との共演はいつも本当に楽しいです。しかも、全員が東京芸大の後輩!あまり学閥が関係のない世界ではありますが、やっぱり後輩だとすごく親しみがわきます。それぞれが実力派!
 Buzz 5 http://www.buzzfive.com/

 
f0028323_17121828.jpg
f0028323_17123391.jpg


 そしてクリスマスは息子とふたりで香港にやってきました。私は飲茶、息子はディズニーランド制覇を目指します。すでに香港以外の世界中のディズニーランドに行った息子、つまり私もってことだ036.gif
 
f0028323_17151014.jpg

 
f0028323_17172345.jpg


 目指した飲茶ではなく晩御飯は飛び込みで入ったセントラルの火鍋店、英語のメニューもなく気がつけば現地の人しか食べていない・・・ちょっと裏道で怖かったけれどお腹いっぱいで満足。
 
f0028323_17185330.jpg


 良い新年をお迎え下さい!058.gif
by yumi-okazaki | 2011-12-25 17:00 | コンサート

おかげさまで大成功

 毎年テーマを決めて行っているリサイタルシリーズ、今年のテーマは「Etoiles~星」でした。(本来はEの上にアクサンがあります。)星の煌めきをイメージした曲、そして13歳、14歳、20歳の男性アーティストを将来の「星~スター」候補ということでご紹介しました。

 まだ写真が出来上がっていないのですが、私のドレスはシルバーの総スパンコールでした。まさに星!(笑)そして後半はちょっとシックにこんな感じのドレス、総ビーズです。ネックレスはPIAGETからお借りしました。

 帰る頃に気がついたのですがスパンコール破片が楽屋や舞台袖にちょこちょこ落ちていて・・・ホールさん、ごめんなさい!
f0028323_14325361.jpg

f0028323_14231967.jpg


 いつもこのシリーズは自分がプロデューサーでもあるので、練習以外にやらなければならないことがあまりにもたくさんあり、もうこれで最後にしようかな、と毎年思うのですが、終演後にたくさんの方から素晴らしかった!と言われるとつい次の企画を立ててしまいます(笑)。

 毎年秋に開催しているので「秋は忙しくて来られない」と仰る方も多く、一度春にすることにしました。2013年(鬼がガハハハ)3月21日(木)午後7時開演 東京・紀尾井ホールです。テーマも決まりました!今回はありがたいことにチケットが10日前に完売し「買えなかったよ~」と言う友人もいましたので、次回はしっかりまたブログ等でお知らせしたいと思います。

毎年スポンサー様や友人からたくさんのお花を頂きます。本当にありがとうございます!
f0028323_14463630.jpg


 ご来場下さったお客様皆さま
 ありがとうございました
by yumi-okazaki | 2011-11-19 14:21 | コンサート

Dinner Showやあれこれ

 息子の学校の同窓会主催のDinner Showで演奏させて頂きました。体育館がディナー会場に早変わり。イベントがあるたびに高校生のお兄ちゃん達がお手伝いします。お食事のお皿を片付けてくれたり、デザートのお皿をテーブルに乗せてくれたり、裏方のお仕事もたくさんありボランティアの経験を積んで行くのはとってもいいなあ。

 
f0028323_12394349.jpg


 出演は弾き語りのNoli Bravoさん、フロアを自由自在に動きながら情緒たっぷりのバイオリンを弾くPaul Floreaさん、たくさんの楽器をシンセサイザーと同時に演奏しながら歌うAndre Dimuzioさん。Andreさんは本当に天才!トリはジョン健ヌッツォ氏でした。オペラに固執せずみんなが好きなポピュラーな歌も歌って話もよどみなく出来る!ディナーショーが出来る数少ないオペラ歌手ですね。
f0028323_1243512.jpg
 

 今月は子供地球基金のDinnerでも演奏し、翌日はソロリサイタル(完売です!)、そして23日は玉川高島屋のイベントで2回公演。頑張るぞ!

 全然話は変わりますが、我が家のアーサーは脱いだ洋服の上に寝るのが大好き。今日はクリーニング屋さんのバッグの中からなかなか出てくれませんでした。シャツと保護色037.gif

 
f0028323_12474260.jpg

by yumi-okazaki | 2011-11-13 12:49 | コンサート

ゆうゆうワイド  リサイタルチケット完売

 TBSラジオ「ゆうゆうワイド」に出演させて頂きました。おおさわ悠里さんはお時間があるといつも私のリサイタルにいらして下さいます。過去3回出演させて頂きました。「おおさわっゆうりのっ、♪ゆうゆうワイドっ!」と言うジングルがあるのを耳にされたことがあるでしょうか?
 初めての出演の時にそれを歌ってくれ、と言われたので「私は歌がとっても下手です」と固辞しました。「いやいや、大丈夫ですよ」「いや、本当に下手なんでピアノでやります」と繰り返し、結局歌を録音しました。それを聴いたディレクターが「やっぱりピアノで弾いて下さい」と(笑)。

 結局その時、ショパンの革命のエチュードをアレンジしたジングルを録音しました。

 今回、番組でリサイタルの告知をして下さったところ
 最後の一枚まで完売しました!
 ありがとうございます。当日頑張ります。
by yumi-okazaki | 2011-11-10 17:21 | コンサート

和光堂ツアー2011

 今年も和光堂プレゼンツ「岡崎ゆみファミリーコンサート」が東京・大阪で全10公演行われました。
今年の共演者はソプラノの矢崎陽子さんとバイオリンの平野悦子さん。

 
f0028323_1755356.jpg


 全公演抽選となる人気に感謝です。11月5日、東京日経ホールで終えました。ホール地下で打ち上げパーティーが行われました。土日祝日の公演にお手伝いして下さったスポンサー=和光堂社員の皆さまや、同じく休日返上でお手伝い下さった代理店の皆さまと一緒に楽しく過ごしました。
 恒例のケーキは!!!流行りのロールケーキ、なんと60個以上のロールが載っていました。
 
f0028323_179389.jpg
f0028323_179224.jpg


 会場のお客様が幸せいっぱいのコンサートです。自分が妊婦や乳児を抱えていた頃を忘れず、コンサートに満足して頂けるよう来年も頑張ります。ありがとうございました。
 
by yumi-okazaki | 2011-11-05 17:11 | コンサート

ソロリサイタルチケット発売開始

 恒例のソロリサイタルチケットが発売になりました。ぜひぜひこちらにお電話下さい。

 ベルワールドミュージック 03-3222-7982

 今年は「Etoile~星」と題してショパンワルツを始めとしてキラキラ輝く曲目を選びました。

 また、将来のエトワール(スター)候補をいち早くご紹介するというコーナーでは、ふたりのシンガー、TIGER(13歳)とSHUNYA(20歳)が歌います。SHUNYAはフジテレビドラマ「パーフェクトレポート」の挿入歌を歌いレコチョク等で1位になったことがあります。14歳のバイオリニスト、石塚アレクサンダー君はクラシックコンクールで1位、イタリアでマスタークラスに参加するなどこれからの活躍が期待されます。

 皆さまのご来場をお待ちしております。

 
f0028323_126321.jpg

by yumi-okazaki | 2011-09-20 11:44 | コンサート